« 11月をプレイバック | トップページ | 焼きみかん🍊 »

2017年12月15日 (金)

階段

 こんにちは丸山です。
 
 雪で道路が白くなるようになってきました。この冬はどの位雪が積もるのでしょうか?毎日少しずつ降るのはいいのですが、一度に大量に降られると非常に困りますので、お手柔らかにしていただきたいですね。

 11月前半に地元で行われた朝の清掃作業に参加した帰り道、ふと東の空を見ますと雲の切れ間から地上に向かって光の線が見えます。これは“薄明光線”と言いまして一般に“天使のはしご”、“天使の階段”、“ヤコブのはしご”等と呼ばれています。これらの名称は、旧約聖書に由来しまして“ヤコブ”が夢の中で、雲の切れ間から差す光のようなはしごが天から地上に伸び、そこを天使が上り下りしている光景を見たためとされています。このことからやがて自然現象もそのように呼ばれるようになったようです。

2


 太陽が雲に隠れているときに、雲の切れ間或いは雲の端から光が漏れ、光の柱が放射状に地上へ降り注いでいるように見える現象です。通常と逆に雲に切れ間から上空に向かって光が出ることもあります。

 薄明光線が発生しやすい条件として

雲:積層雲、層雲、乱層雲、積乱雲等のように太陽を遮るくらいの厚みがあり、切れ間がある。
空気:大気中に水滴などの微粒子が比較的多く透過率が高い。
季節:空気が澄んだ秋からかけてよく見られるが、条件が合えば季節を問わない。
時間:太陽の角度が低くなる早朝および夕方に多く見られる。
太陽が上から照らす昼間は光線が垂直に伸び放射状に見えない。

 今回撮影した時期は、11月の早朝で曇っていましたので、条件はそろっていました。たびたび“天使のはしご”を見かけるのですが、撮影する機会に恵まれませんでした。

 “天使のはしご”を見ると幸せになれると言われています。何か良いことがあったかなと思い返してみますと、この日は、私の誕生日でした。天からプレゼントをいただいたということですね。
 
                                                          歯科医師 丸山 貴

« 11月をプレイバック | トップページ | 焼きみかん🍊 »

コメント

自分もあれを見ると何だか嬉しい気持ちになるので好きな現象です。名前薄明光線って言うんですね。
ただ単に曇の間から太陽光が射してるだけかと思っていましたが、一定の条件があることを始めて知りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517544/66162546

この記事へのトラックバック一覧です: 階段:

« 11月をプレイバック | トップページ | 焼きみかん🍊 »