« 春の風物詩 | トップページ | 春の戸隠🌱 »

2018年4月24日 (火)

椅子の延命処置、大成功!

 こんにちは丸山です。

 診療所の庭の木々に葉が茂りつつありますので、最近まで診療室からくっきり見えていた飯綱山、黒姫山、妙高山が見え難くなってきたところにも季節の移ろいを感じます。

 今回のブログは自宅で私が使用している椅子の修理に関してです。数年前にホームセンターで購入したガス圧で昇降する椅子ですが、半年位前から座っているとガクッガクッと下がってくるようになりました。下がったらその都度レバーを操作して椅子を上げていましたが、あまりに頻繁に起こるようになりましたので、そろそろ何とかしなくてはと考えました。

 具体的にどう対応するかとなると…

① 新しく買い換える
確かに買ってしまえば簡単なのですが、いくらなんでももったいないですね。

② ガスシリンダーを交換する
この方法がベストだと思いますが、なるべくお金と手間をかけたくないのが本音です。

③ 割りばしをつっかえ棒として付ける。
ネットを見ていたらこの方法が有りました。
椅子の座面の高さは座高が高い!?からではなく、私の体格が大きいため一番上で使用していますの
で 高さの調整は不要ですし、何と言ってもお手軽に修理できるというのがいいですね。
この方法に決まりました。

④ 痩せる
これが一番難しい…追々やるとします…。

 修理の手順を写真に撮りましたのでご紹介しますね。
ネットにも他の方が実践されたものがありますので、興味がおありでしたらご覧になってみて下さい。

① 用意する材料は下の写真のようにガムテープ、結束バンド、割りばしと簡単に手に入る物です。

Dsc_0809

② 割りばしを切って、切り口が開かないようにガムテープで補強します。
    このつっかえ棒の役割をする割りばしを20本以上作っておきます。

Dsc_0810

③ 補強した割りばしを昇降部に巻き付けて、とりあえずセロテープで仮固定しておきます。

Dsc_0811

④ 少しでも丈夫にするために割りばしを2重巻きにして、
    結束バンドをペンチで思いっきり締め付けて完成です。

Dsc_0812

 座る瞬間は、とても緊張しますね。体重をかけた瞬間つっかえ棒がボキッと折れたり、結束バンドが切れる等嫌なことを想像してしまいます。意を決して、そーっと座ってみましたが大丈夫でしたので、さらに全体重をかけても破損しませんでした。
 ホッとしました!今後の問題として耐久性はどうか?ということですが、現在まで1月経過した時点では、割りばし達が頑張って私の体重を支えてくれており、全く問題なく使えています。もし不具合が出たらブログでご紹介したいと思います。

 安く、お手軽に修理ができましたので良かったですし、少しはゴミの減量に役立ったかもしれませんね。、
 そもそも、私の体重でガスシリンダー式の椅子に負担をかけ続けたのがいけなかったのですね!
ゴメンナサイ。
                                                       歯科医師 丸山 貴

« 春の風物詩 | トップページ | 春の戸隠🌱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517544/66647426

この記事へのトラックバック一覧です: 椅子の延命処置、大成功!:

« 春の風物詩 | トップページ | 春の戸隠🌱 »