« お花見お弁当♬ | トップページ | 春爛漫🌸 〜所長の特別講演〜 »

2018年4月 5日 (木)

夢が現実に☆

 皆さまこんにちは! 歯科衛生士の徳永です。 この頃はすっかり暖かくなり、あちらこちらで春を感じられるようになりましたね。 車に乗ってお出かけしたくなるような、そんな陽気です♪

 先日私は、信濃毎日新聞の経済面で、面白い記事を見つけました! 見出しには、「空飛ぶ車 NECも支援」とのフレーズが\(◎o◎)/! 記事によると3月27日、NECは「空飛ぶクルマ」を開発している国内の団体とスポンサー契約を結び、資金支援に加え、同社の無人航空機を制御する技術の提供を行う方針を発表したとのことです。

 支援先は、若手技術者で作る「CARTIVATORカーティベータ―」という団体で、垂直に離着陸し、時速100㎞で走る2人乗りの電動陸空両用機を開発中で、今夏には試作機の公開を予定しているそうです✨ そしてなんと、団体は2020年には「空飛ぶクルマ」の完成を目指しているとありました!!

Img_71789703_2


Skydrive_sdxx_img


信濃毎日新聞3月28日付
http://cartivator.com/skydrive

 
 車で空を移動できるなんて、ずっと夢やSFの世界と思っていましたが、そう遠くはない未来に実現が近づいているのですね!最近は運転をサポートしてくれる車や自動運転の車も出始め、車との付き合い方も変わってきましたね。 高齢になっても安心して運転を続けられる社会になるかもしれません。 私も自分がおばあちゃんになる頃には自動運転の車に乗り、孫には空飛ぶ車に乗せてもらいたいなぁ~なんて、わくわくと妄想してしまいました(*‘∀‘)

 他にも世界中で空飛ぶ車(スカイカー)の開発は進められています。いくつかある中で私が個人的にデザインが素敵だと感じた1社を紹介させていただきます!

Isotta


 こちらはイタリアのラッザリーニデザイン社が発表した、スカイカーのコンセプトモデルである「ホバークーペ」です。
 ホバークーペは最新のテクノロジーが搭載されながらも、デザインはレトロ感を意識したものになっています。 ホバークーペのモチーフとされたのは1920年代の名車「イソッタ フラスキー二 ティーポ8」です。

 ホバークーペには4基のタービンエンジンが搭載され、空中での最高速度は550km/h以上になります。 また、道路を走行の際には地面から少し浮かび上がった状態となるため、タイヤは装着されていません。
 

Howercoupe74


 すごいですよね!! まさに“未来の乗り物”といった感じですが、現実に乗れる日がやってくるのは近いかも?!

« お花見お弁当♬ | トップページ | 春爛漫🌸 〜所長の特別講演〜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517544/66577297

この記事へのトラックバック一覧です: 夢が現実に☆:

« お花見お弁当♬ | トップページ | 春爛漫🌸 〜所長の特別講演〜 »