« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月29日 (水)

秋の露天風呂♨

こんにちは、衛生士の中谷です(*’ω’*)!!
暑い夏から、秋の季節になりつつありますね(^^)
そこで、今回は秋に行きたい露天風呂を紹介したいと思います♪
 夏や冬に入る露天風呂も良いのですが、中には夏の日差しや冬の寒さが厳しく露天風呂には入らない方もいらっしゃるかと思います。ですが…秋は暑すぎず寒すぎず露天風呂に入るにはとっておきの季節だと思いますよ~♬
では、今回は『10月11月に行くと紅葉を綺麗に見ることのできる露天風呂』を2か所ご紹介したいと思います。
まず、1か所目
  『泡の湯旅館【長野県松本市】』
ここは、皆さんご存じの通り有名な「にごり湯」の温泉です。
露天風呂は泡の湯の名前の通り、炭酸を含んでおりお湯に入ると身体に気泡がつき身体が温まります。名物の大露天風呂はぬるめのお湯ですので、綺麗な紅葉を見ながらゆっくり長湯することができます。
日帰りで入る事もでき10:30~14:00の間で混浴大露天風呂など入浴が可能です。
もちろん、混浴でないお風呂もありますので安心してください。
この旅館は臨時でお休みすることもあるそうなので、当日お電話でご確認ください。
Kouyou
引用 https://www.jalan.net/news/article/201539/


2か所目は
『西の河原露天風呂【群馬県草津町】』
ここは西の河原公園という公園内の露天風呂だそうで、公園には温泉の流れる湯の川もある珍しい場所です。私も、行ったことこない場所ですが、秋には総面積500平方メートルある、360度のパノラマ紅葉が愉しめそうな露天風呂ですね。
人気温泉地ランキングでは2017 関東2位【草津温泉】に選ばれているそうです。
敷地内には、足湯もあるとの事なので入ってみてはいかがですか?
Onnsenn
引用 https://www.jalan.net/news/article/201539/2

2か所の露天風呂を紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
私は、紹介していながら「西の河原露天風呂」に行きたいと思ってしまいました!!
お休みの日にゆっくりと露天風呂に入ってこようと思います♪
 行かれる際は事前に調べるなどしてからお出掛けください!! (o^^o)ニコ
 では、今回はこの辺で失礼いたします(@^^)/

2018年8月24日 (金)

サマーキャンドルナイト2018

 こんにちは。受付の岩下です。
今年の夏は例年に比べて気温が高く記録的な猛暑が続いておりますが、お盆過ぎの先週末は急に気温が下がり、体調管理をするのが難しいですよね。皆様はお元気にお過ごしでしょうか?

 私は先日、長野県の避暑地で有名な軽井沢に行ってきました。
今回のブログはその際訪れた、大正時代から続く歴史ある「軽井沢高原教会」で開催されている「サマーキャンドルナイト2018」について書かせて頂きたいと思います!
「サマーキャンドルナイト」とは、かつて軽井沢を訪れた宣教師たちがランタンを灯して夜の町を照らして歩いたという風習を継承して行われているイベントです。

Ky

教会前の森に無数のランタンキャンドルを灯してあり、あふれるほどの光に包まれる幻想的な景色を楽しむことができますよ!

Photo
 
 今年のテーマは「伝える」とのことで、信州に古くから伝わる伝統工芸品や、信州を代表する製品など信州の技術と素材がキャンドルの灯りに彩りを添えています。中でも印象に残った伝統工芸品がこちらです↓

Photo_2

信州・飯山の手すき和紙「内山紙」(江戸時代より続く紙すきの技術を伝える、伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づいて国が指定する長野県伝統的工芸品)を使って作られたという手すき和紙の“ランタン”(写真中央の縦に並ぶ円筒形のランタン)と〝Washi Wall”(写真上方の衝立様のもの)です。軽井沢で見られる自然の風景が描かれていて、幻想的で大変美しく感じました!

 私が行った日は、8月13日(月)〜8月17日(金)の特別イベント(「灯(ともしび)式」「ランタン散策」「音楽礼拝」「ことのはレター」「三つ撚りの糸」)が開催されている期間だったため、多くの人で賑わっていました。また、キャンドルナイトの専用駐車場(13〜19日のみ利用可)があり会場までの無料のシャトルバスも運行していてとても有難かったです。
駐車場に停まっていた車のほとんどが県外ナンバーだったので、「県外から来られている方がたくさんいるんだなぁ」と思い信州人として嬉しく感じました!

 興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。

2018年8月 8日 (水)

夕焼け

 こんにちは。
 丸山です。

 毎日毎日暑いですね。暑い時は志賀高原へ逃げて涼んでくることが私の恒例行事になっています。

 仕事が終わり19時頃、医院の外に出ると目の前の景色が全て赤色というかオレンジ色に染まっていました。空が赤いというより、空気が赤いという表現が適当で、一瞬目がおかしくなったのかと思いました。
 帰宅途中に車を止めて、”北信五岳と夕焼け”の写真を撮ってみました。写真では暗い部分がつぶれていますが、肉眼ではもう少しはっきり見えます。

Photo

 夕焼けになる理由は、太陽光の空気層を通る距離に関係があります。下の図のように太陽は沈むにつれて、太陽の位置が真上から横に移動します。そうすると、太陽光の空気層を通過する距離は、真上に比べて横の方の距離が長い為、いままで細かいチリの間をすり抜けてきた波長の長い赤い光も、細かいチリにぶつかり散らばり始めます。青い光は波長が短い為、遠くまで光は届かず、赤い光のみが散らばった空が目にうつるので、夕焼けの空が赤く見えるのです。

1


2
  
 夕焼けの赤色が薄い時や濃い時があります。雨上がりは大気が綺麗になっていますので、夕焼けの赤は少し薄くなります。逆に長く雨が降らないと大気は汚れたままですので、夕焼けはより赤く見えるのです。
 
 空気が汚れている方が夕日は綺麗になるとは、複雑な気持ちですね。
                                                        歯科医師  丸山 貴

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »