« 冬の伝統行事 | トップページ | “厄”落として“福”きたる? »

2018年12月28日 (金)

大事なメンテナンス!

みなさんこんにちは。歯科衛生士の江口です。
今年も残すところあとわずかになりましたね。みなさんは今年1年振り返ってみてどんな年になりましたか?
私はというと、、、7月からこちらの信州口腔外科インプラントセンターで働き始めたわけですが、とにかくわんぱくな2歳3歳の年子の子育てと仕事に追われ、気づくとあっという間に5ヶ月が過ぎてしまいました。
こうしてあっという間にどんどん歳を取っていくと思うと、、、考えただけで恐ろしいです(笑)
若かったころはこんなところにシミやシワがなかったのに、気付くとこんなところに!なんてことがあり撃沈中の私ですが、やはりお肌、体においてもメンテナンスってとても大事ですよね!
お肌や体と同じで、歯のメンテナンスもとっても大事なんです。
そこで今回はインプラントセンターにはちなんで、インプラントのメンテナンスについてお話したいと思います。
みなさん誰もが一度は歯周病という言葉を聞いたことがあると思います。
歯周病というのは、歯と歯茎の境目、つまりポケットの中にプラーク(歯垢)が残ったままになると、ポケットの中の細菌が歯を支える歯槽骨を溶かし、最終的に歯がグラグラして抜け落ちてしまう病気です。
Image2

これと同じことがインプラントの歯でも起こります。
ポケットの中のブラッシングがきちんとできていないと、インプラント部分の歯茎が腫れ、細菌感染により、骨がゆっくりと破壊されてしまい、最終的にインプラントも抜け落ちてしまいます。
この場合、インプラントは天然のはではないので、歯周病とは呼ばずに、「インプラント周囲炎」と呼び方は変わるのですが、原理としてはほとんど一緒の病気になります。
インプラント周囲炎も、口腔内が不衛生な状態になり、歯周病菌が増殖することによって引き起こされます。


Image1

インプラントは天然の歯にくらべ、炎症への抵抗が低く、一度細菌感染を起こすと骨吸収がゆっくりと進行するため、日ごろのメンテナンスがとても重要になってきます。

こちらの信州口腔外科インプラントセンターでは、インプラント埋入後も定期的にレントゲン撮影、口腔清掃状態のチェックを行い、定期的にメンテナンスを行っております。
セルフケアはもちろん、歯科医院でのメンテナンスはインプラントを長持ちさせる予防策になります。
お口の中の健康は、全身の健康や健康寿命を延ばすとも言われていますので、定期的なメンテナンスでお口の中も体も健康になりましょう!!
それでは、みなさん、よいお年をお迎えください!!


« 冬の伝統行事 | トップページ | “厄”落として“福”きたる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517544/67529500

この記事へのトラックバック一覧です: 大事なメンテナンス!:

« 冬の伝統行事 | トップページ | “厄”落として“福”きたる? »