« “厄”落として“福”きたる? | トップページ | 季節の匂いと紅茶 »

2019年1月16日 (水)

お正月の後片付け!?

 皆様こんにちは、受付の小林です。
 新年を迎えたばかりなのに、もう1月も折り返し地点に突入‥‥と言うことは、「小正月」が過ぎました。 小正月は、一般的に1月15日を指しますが、1月14日から16日まで、あるいは14日の日没から15日の日没までとするなど地域によって期間、さらに風習や行われる行事が異なってきますよね。
 私の住んでいる地域では、先日の連休中に「どんど焼き」が行われました。どんど焼きの本来の意味は、「お正月に歳神様(年神様)をお迎えするために飾った門松や松飾りを正月の終わる小正月に焼いて、歳神様を空へお送りする」というものです。 地域によって様々な呼び方があるそうで、長野県だけでも、道祖神祭り・三九郎(中信地方)・かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)など私も耳にしたことがないものが沢山あります。

 基本的に、どんど焼きで焼くものは、門松・松飾り・注連縄と言った正月飾りです。 他にもどんど焼きで焼くものに、だるま・書初め・人形・ご祝儀等でもらう熨斗袋等、普段焼くのがためらわれるものも焼くことがあります。 しかし、これらは地域や神社によっては焼かないとされているものがありますので、地域に合わせて焼いてもらえるものは確認をしましょう。
 ちなみに書初めを焼いているどんど焼きでは、その火が高く上がると字が上手に書けるようになるというご利益もあります。 過疎化高齢化が進んでしまった私の地域では最近はあまり見かけなくなってしまいましたが、私も小中学生の頃は冬休みの宿題で出された書初めをどんど焼きで焼いていました。 しかし、悲しいことに大人になった今でも字は上達しませんでした。おそらく私が書いた書初めだけが火が高く上がる前に灰になってしまったのでしょう‥‥。
 また、どんど焼きで、団子やお餅を焼いて食べることもあります。 どんど焼きの火は厄払いの火、歳神様を天にお送りする神聖な火ですので、そんな火で焼いたお餅にもご利益があると考えられています。 無病息災や虫歯にならないとも言われているそうですよ。

 私の住んでいる地区では、午後7時に打ちあがった数十発の花火を合図に、どんど焼きが始まります。

Dsc_0124


Photo

燃えているやぐらの周りで、振る舞われたおでんやみかん、御神酒を頂きながら歳神様を送ります。

 その他にも、こちらも地域によって違いがありますが、「豊作(五穀豊穣)」「無病息災」を願って、米の粉で作ったたくさんの紅白のだんごを繭玉に見立てて枝先に刺す、だんご木・だんご下げなどと呼ばれる飾りをつくるところもあります。
 下の写真は、だんごは飾っていませんが、ミズキの枝に「ふなせんべい」と呼ばれるお菓子の最中の皮のようなものでできた大判小判、鯛、繭玉、恵比寿などの形をした飾りを吊るしただんご木です。 私が幼い頃は紅白のだんごも飾っていたのですが、手間がかかるので最近はふなせんべいだけになってしまいました。 (昔、茶の間に飾ってあっただんごとふなせんべいをこっそり味見していたのはここだけの秘密です。)

Img_20190117_192507
(母方祖父母宅のふなせんべいの御飾)

 皆さんは小正月をどのように過ごしていますか? 各家庭でも過ごし方が違うので、機会があれば沢山の方に話をお聞きしてみたいですね!
 皆様が良い1年を過ごせますよう、お祈り申し上げます。

« “厄”落として“福”きたる? | トップページ | 季節の匂いと紅茶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お正月の後片付け!?:

« “厄”落として“福”きたる? | トップページ | 季節の匂いと紅茶 »