« 3月14日は何の日? | トップページ | 地元の有名どころ »

2019年4月 6日 (土)

未知との遭遇!

 こんにちは!歯科衛生士の北村です♪

 いよいよ、4月に入り本格的な春到来!…と思いきや『なごり雪』も降り、春の訪れを知らせてくれる花々も寒そうでしたね。

 

 そしていよいよ!といえば、4月1日の11時半に新元号となる『令和』が発表されましたね!

 出典は現存する日本最古の歌集である「万葉集」の漢文から引用されたとのことですよ。

 その歌がこちら!「初春の令月にして、気淑(きよ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す」

 意味としては、このようです。「初春のよき月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女がよそおう、おしろいのように開き、蘭は身に飾った香水のように薫っている。」

 梅を見て、周囲の風景を見ながら、華やかで和やかな宴が行われている様子がうかがえる素敵な歌ですね。

 

 そして調べていくと、「令和」は日本の元号で最初の元号「大化」から数えて248番目の元号となる予定だそうですよ!この数をみるだけで歴史や時代を感じることができますね。

 私の生まれた学年には昭和63年生まれ、数少ない64年生まれ、そして平成1年生まれがいてて、ちょうど「昭和」から「平成」へと移り変わりゆく年でした。 次は「平成」から「令和」へと移り、少し時代の流れに寂しさを感じるところもありますが、新しい元号を決めるにあたり込められた願いと共に、皆様が健やかで春の訪れの様にお一人お一人の花を目一杯咲かせていただきたいと心から願っております。

 

 さて、話しは変わりますが3月初旬にインドでのWCOIという学会にて所長の発表があり、私も一緒について行かせていただきました。

「インド」初上陸の私。13時間程のフライトを経て、まずデリーの空港でインドらしい色んな形をした大きな手が出迎えてくれました!

Photo_13

 

 会場のあるホテルはインドで一流のホテルだった為、豪華でとても綺麗でした。

 所長は学会期間中にインド人歯科医師の口頭試問試験官も任されており、予定も大幅に変更があった為、学会前や学会中は準備に追われて大忙しだったのですが、夜に少しだけ徒歩圏内にある地域の人しか行かないようなスーパーマーケットにくり出すことができました。

 セキュリティーも厳重でピカピカの綺麗なホテルを一歩出ると、ゴミが平気で捨てられている整備が不十分なボコボコ道だったり、夜でもクラクションが飛び交う中平然としてる野良犬がそこら中にいる姿など、そのギャップがまたインドらしさを彷彿させてくれました。

 スーパーに行くと多種類のタイ米や豆をはじめ、その土地ならではの食材を見ることができ、それだけでも楽しいのですが、所長と一緒だともちろんそれだけに留まらず、フレンドリーな店員さんとの交流の楽しいひとときも味わうことができました。

 

 所長の発表はというと、受付の小林さんが手伝ってくれた大作のスライドを写しながら、日本のインプラントの現状と未来展望について英語で堂々と30分間発表していました。

 超高齢社会と世界人口の分布を元にそういった現実とどう向き合っていくべきかということや、“健康寿命”という観点などから『美味しくご飯を噛んで食べ、全身的な健康を保つ大切さ』を私自身も改めて意識させられる素晴らしい発表でした。

 

 学会中は私もせっかくの機会なので、果敢にたくさんのドクターや業者の方、そして一人で出かけた際にも地域の方とコミュニケーションを取ることができ、素敵な友人まで作ることができました!

 仲良くなったドクターからはなんと、自分で開いた医院を見学のお誘いまでしていただいてしまいまた。 そちらの診療所では所長も愛用している一緒の器具が置かれていて意気投合したり、まさかの“FM軽井沢”もそこで聞くことができて興奮してしまいました。  女医の先生や日本での歯科衛生士にあたるナースともお話ができ、貴重なひとときを過ごさせていただきました。お礼にと、所長が日本からこういった出会いの為に用意していたお土産の品々を渡すと、次に開設する予定の医院に飾らせてもらうと大変喜んでもらえました。

 

 その時の写真がこちら!

Photo_10

鳩居堂の日本画のプレゼントにドクターも大喜び!100万円札風のメモ用紙には大笑い!

 

Photo_22

 所長の手には日本ではめったに使われていない抜歯鉗子!

 当院では昔から使われていて所長も大助かりです!

 

 この先生はは帰る日にもわざわざ所長が気に入ったレモングラス入りハーブティーを手に入れ、持ってきてくださり、見送りだけでなく空港までのタクシーまで手配してくれました!

 そして、それだけでなく空港でチェックインしているとカウンターの職員からちょっと待っていてくれと言われ、待っている間他の案内員の方達と雑談をしていると、別の空港職員がやってきて先程見送りに来てくれたドクターからといっていきなりお金を渡してきたのです!  最初状況を掴めずビックリしていると、なんと空港職員とドクターが友達だったのできっちりホテルから空港までのタクシー料金を聞き、電話でその職員に立替えてもらい私たちに渡してもらう様頼んでくれていたのです‼

 突然のことで本当に驚き、そこまでしてもらうことも想像していなかったので、その温かい心遣いに感激してしまい涙が止まりませんでした。

 さすがに受けとるのは申し訳なくなりお断りしても聞いてもらえなかったので、ありがたく気持ちを受けとることにしました。

 

 感動も冷めやらぬまま出国前の手続きで並んでいると、今度は笛をバックから覗かせているバックパッカー風のドイツ人男性がいて、その笛が所長の目にとまりました。そこで、興味を持った所長はいつも持ち歩いている遊び道具の一つの“鼻で吹く笛”をポケットから取り出し“笛コミュニケーション”を図り、あっという間に仲良くなってしまったのです!

 最後の最後までたくさんの方々との交流ができ、本当に実り多き時間を過ごすことができました。

 今回、この学会を通して改めて日本から外に出て色々なことを学ぶ楽しさと大切さを痛感させてもらえることができました。

 学会に参加させていただく機会を与えて、本当に素晴らしい経験をさせてくれた所長に感謝したいと思います!

 

 以前留学したときも思いましたが、つたない英語でも「あなたとコミュニケーションをとりたい!」という強い思いがあればそれが相手にも伝わり、気持ちや言いたいことをくみ取ってくれて不思議と仲良くなれるんですね♪

 英語が苦手と思ってられるみなさんも、2020年にはオリンピックも開催されることですし、ぜひ英語を使ってたくさんの方々と交流して“会話する楽しさ”を味わってみてくださいね(^ ^)!

 

 インドでのお土産として皆さんに‟ほんの気持ちですが”フォトライブラリーをお届けします♪ 

 

ホテルのすぐ横のデコボコ道。

Img_2268

 

冷えていないドリンクとスナック菓子を売る手作り屋台と、それを見つめる野良ちゃん。

Img_2275

 

インド仕様のでっかい歯ブラシヘッドたちにビックリ!

Img_2281

 

たくさんの種類の豆や、超ロングなタイ米がスーパーに並んでいました。

Img_2298

 

街中で見られる山盛りの移動屋台。

Img_2384

 

インドらしい乗り物のひとつ、サイクルリキシャ。

Img_2379 

 

ベンチで休まれているおばあさんに声をかけると、思わず抱きしめられちゃいました♡

そこへ野良犬も参加(^^♪

Photo_15

 

立派なお髭のインド人にびっくり!

Img_25551

 

ディナーパーティーの一幕にて…

ダンスが大好きな国民性がここでも発揮され、ノリノリで踊りだす先生方!そこにまじり、私も一緒に踊ってしまいました♪

Img_2581

D403104664574cc3a2b7abf357365012

 

光栄にも学会のお偉い方よりひっぱりだこ!

Img_2593

 

いつもの様に積極的に質問する所長。

Img_2619

 

゛やまとなでしこ”?と゛インド美女”✨

Photo_16

 

ディナーパーティーにて豪華なインド舞踊を見ることができました。

Photo_17

 

所長の公演中の風景!

タイトルは「Current Situation And The Outlook Of Implant Therepy In Japan」 

8

 

表彰式の様子です!

0dafb983ffff497bbfdb9261f3bec5dc

 

表彰式の後、インドの先生方と共に!

Photo_18

 

お偉い先生方なのですがすごく気さくに接して下さり、温かい思い出となって心に深く刻まれました。

13-tate

5e75e599bafc423db048e51e81bfba6c

 

 

今度日本にも来られる仲良くなった先生とも一緒に。

Tate_1

 

日本では見つけにくい興味深い器具もたくさん展示されていました!

Photo_21

 

数百人の聴衆の前でパネリストとして登壇した所長。

10

 

A78155908c8a43f493fa56eebbc4817d

 

 

奇妙な形の歯ブラシを発見しました!

横のゴムは歯茎をマッサージするためのものだそうです。

Tate

 

素敵な模様のヘナタトゥー♪

Photo_11

 

インドではちょうどブライダルシーズンで、毎晩のように花火が上がり、お祭り騒ぎの結婚式が行われていました!

ホテルでもとっても綺麗な花嫁さんを見つけましたよ♪

Photo_23

 

結婚式会場の豪華な飾り付けに引き寄せられ、少しのぞいてしまいました(^^)/

Photo_12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 3月14日は何の日? | トップページ | 地元の有名どころ »

コメント

素晴らしい写真を沢山拝見しました。北村 豊先生をお父様に持ちアクチブな親子を拝見し、またご一緒の一時を過ごす事が出来て有難うございました。帰国後もWCOIの仕事に追われ写真の整理もままならず、申し訳ありません。ますますの御発展をお祈りいたします。豊先生にもよろしくお伝えくださいませ。黒山 巌

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月14日は何の日? | トップページ | 地元の有名どころ »