« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月23日 (木)

朋有り遠方より来る 亦た楽しからずや♪

 こんにちは、衛生士の北村です(^o^)

 今週頭は全国的に雨が降りましたが、5月晴れの過ごしやすい陽気が続いていますね。日中は気温が上がりもう初夏を感じますが、みなさんはUV対策や梅雨対策はもうされていますか?

 

 さて先週末、所長は相変わらず忙しい中、40年来のマレーシアの親友とそのご家族が来日され、私も少し同行させてもらいました!

 そのご友人もマレーシアでは有名な最先端の医療を手掛けるドクターでいらっしゃり、所長は以前マレーシアの国立先住民病院で青年海外協力隊の隊員として一緒に働いていたそうです。

 本当に心温かく気さくなご家族で、母と奥様、そして私と娘さんもたまたま歳が近く、私は初めてお会いしたのですが楽しく心温まる時間を過ごさせてもらいました。

 御家族のみなさんは日本食にとても興味をもたれていて、所長のひとつひとつ丁寧な英語での説明付きで、より食事を楽しんでいただけたご様子でした♪

 

 国境を越えてわざわざ会いにきてくださり、本当に所長とご友人の絆を強く感じました。

 私は途中で別れたのですが、その際も「飛行機のチケットさえあれば他は何もいらないから!私達のところへも絶対遊びに来てね!」と何度も何度もありがたい言葉を言ってくださり、その言葉が本当に嬉しく感動いたしました。

 

1

 

 浴衣姿よく似合ってらっしゃいます♪

2

 

 小布施町の町長でいらっしゃる市村さん宅のお庭にもお邪魔し、ご挨拶させてもらいました♪ そこに偶然にも栗の木診療所の内坂先生もご訪問されていて、まるでサミットのようでした(笑)

3

 

 ご家族は『オープンガーデン』にビックリしながら、小布施町を美しくて本当に素晴らしい町‼と気に入っておられました!

 

 今回同行させてもらい、信頼する友人は人生の宝だと改めて感じ、最近なかなか連絡の取り合えていない友人も含め、大切にしたいなと思わせてもらうことができました。

 

 

 さて、話しは変わりますが、先日お世話になっている方からお誘いいただき、旬の山菜採りに行ってきました!

 ワラビが今採れるよと連れて行っていただき、ワラビ採りのコツを教えていただいたので5カ条にまとめてみました。

 

 まずは、

1.こまめに見回る!

 というのも、ワラビは3月末くらいから出始め、採るとまた出てきます。こまめに採っていると9月くらいまで採ることが出来るそうです。本格的に採る方は2~3日に1回、見回りをしてくまなくチェックしているそうです。

 

2.他人の見ない場所を探す!

 丈の高い草がなく、誰が見てもすぐに判るところは簡単に見つかりますが、笹が生えていても枯れたワラビのシダがあるところならば必ず何処かにあります。

 

3.目線を低くして見る!

 笹の中に生えているワラビは上から見ても判りませんが、腰をかがめて、目線を低くすると、枯れた笹の中に青いワラビが見つかります。こういう笹の中に生えているワラビはだいたい太いものが多いです♪

 

4.必ず、同じ場所を二度見する!

 一度歩いたコースをもう一度逆向きに歩いて探します。ちょっとした目線の違いで結構見落としがあるものです。

 

5.アク抜きは煮てはいけない!

 アク抜きは木灰または重曹をまぶして、沸騰したお湯をかけて一晩おき、それから水で洗いさらします。 煮るとクタクタになってワラビのシャキシャキ感がなくなってしまうそうです。

 

 以上が、ワラビ採りのコツ5カ条です。さあ、皆さん山へ行ってワラビ採りに挑戦してみたくなってきたのではないでしょうか♪ まるで宝探しのようで見つけたときはとっても嬉しくなり思わず没頭してしまいますよ!

 

 ワラビを目的として探していたのですが、シーズンが過ぎたと思っていた『こごみ』が群生している場所を見つけ、ワラビよりも沢山採ることができました!

 

 ここでみなさん豆知識をひとつ!「こごみ」はシダの一種で、本当の名前は「クサソテツ」というのだそうです。若芽のことを「こごみ」と呼んでいるんですね。 芽が出てくる様子が前かがみに縮こまっている様に見えるからとのことです♪

 そして、こごみは山地の湿っぽい林床や渓流沿いなどに群生しています。伸び始めた葉の先が、ゼンマイのようにしっかり巻いている若芽が旬です。

 アクもなく、調理も容易で、比較的簡単に採ることができるので万人から愛されている山菜で私も大好きです♪

 採り頃は約15cm位に伸びたもので、必ず2番芽は残すように!と教わりました。

 全て採りつくしてしまうと来年以降生えてこなくなってしまうそうなので、食いしん坊の私も教わった通り、自然の恵みに感謝しながら、山菜採りのマナーを守り、採らせてもらいました。

 

 短期間で生長するので、山菜採りシーズンになると、既に葉が開いてしまって旬を逃してしまうということも多いそうです。なので、とにかく採取適期を逃さないことが採り方のコツかもしれません!

 

 お土産として実家へ持っていき、母親に美味しく調理してもらい、みんなでいただきました♪

 他にも父がいただいた旬の山菜もとても美味しかったので、写真だけですが皆さんに少しおすそ分けいたします(笑)

 

 みなさんも長野県という恵まれた環境で、ぜひ旬の山菜を楽しんでくださいね♪

 私達には“狩猟採集民”とほんど変わらない遺伝子が組み込まれているそうですよ。(所長より)

 それではこの辺で失礼いたします (o^^o)

4

 

 

 

2019年5月17日 (金)

Happy mothers day!

こんにちは、衛生士の江口です(o^^o)

朝はまだ肌寒く、日中は暑い日があったりと寒暖差があってみなさん体調など崩されていませんか?

さて、5月の第2日曜日はなんの日かご存知でしょうか…?

そうです、みなさんご存知の通り、母の日です。

母の日は世界各国にあり由来もさまざまですが、日本の「母の日」というのは、どうやらアメリカから伝わったそうですよ!

190559日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死をきっかけに、

「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのが始まりとされています。

この働きかけがアメリカ全土に広まり、1914年には当時の大統領「ウィルソン」が、5月の第二日曜日を「母の日」と制定し、国民の祝日となりました。

また、アンナの母親が好きだった白いカーネーションを追悼式の祭壇に飾ったことから、母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなってい

れば白いカーネーションを飾るようになり、現在のように「母の日にはカーネーションを贈る」習慣が生まれたと言われています。

母を思う大切な気持ちがきっかけで、一人の少女の行動が国民の祝日にまで広がるなんてすごいですよね!

私も3歳と2歳の息子達から「ママいつもありがとう!お仕事頑張ってくれてありがとう!」とカーネーションをもらいました。

Photo_27

 

私の母が言わせたわけでもなく、小さいながらに自分で考えて言ってくれたこの言葉、そしてたった2輪のカーネーションですが、

涙が溢れそうになり、とても温かい気持ちになりました。

私がこうして仕事と子育てを両立出来ているのも、母の協力があってからこそで、日頃から母には頭が上がりません。

アンナ・ジャービスの思いを大切に、母親への感謝の気持ちをいつまでも忘れずにいたいものですね!

 

では、この辺で失礼します♪

 

 

 

 

2019年5月11日 (土)

広島

 こんにちは、助手の楠です!
長いGWも終わり、今週から仕事が始まる方も多いと思いますが、気持ちを新たにまた頑張りましょう💪

 さて、皆様はこのGWの間にどこか行かれましたか?
私は、このGWを利用して広島に行ってきました!

 長野駅から広島駅に行くためには、東京駅か名古屋駅を経由しなくてはいけないのですが、少しでも移動時間を短縮するためにも今回は名古屋駅を選択して、広島駅に向かいました!

 野球好きな方なら知っている方も多いと思いますが、広島駅に着く直前、新幹線の車窓から、“広島東洋カープ”の本拠地である“マツダスタジアム”が見ることが出来ます!野球が好きな私はとても興奮しました!
(見ることに集中してしまって写真を撮り忘れてしまいました(;▽;))

また、マンホールの蓋も広島ならではのもので、広島東洋カープのキャラクターである“カープ坊や”が描かれていて、とても可愛かったですよ(^^)

↓マンホールの蓋
Photo_24

広島に行く機会があるときは注目して見てみて下さいね🎶

 そして、皆様知っていると思いますが、広島と言ったら“原爆ドーム”や“厳島神社”が有名ですよね。
今回、その2つの世界遺産を見ることが最大の目的でもありました。

まず最初に、原爆ドームにいったのですが、今回初めて目にしてみて「私が思っていたよりも小さいな」と言うのが1番最初の感想でした。

原爆ドームは、1915年にチェコ人の建築家ヤン・レツルの設計のもと、“広島県物産陳列館”として完成しました。

 そして、1945年8月6日午前8時15分、米軍のB29爆撃機により、人類史上初の原子爆弾が投下され、広島市街地の中心部の上空約600メートルで爆発し、一瞬のうちに広島市街地の建物が倒壊し、多くの人々の生命がうばわれました。
産業奨励館(現在の原爆ドーム)は、爆心地から約160メートルの至近距離で被爆し、爆風と熱線を浴びて大破し、天井から火を吹いて全焼しました。
戦後、旧産業奨励館(現在の原爆ドーム)の残骸は、頂上の円盤鉄骨の形から、いつしか市民から原爆ドームと呼ばれるようになったそうです。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/dome/index.html

↓原爆ドーム
Photo_25

原爆ドームに行ってみて、日本人の観光客と同じくらいに海外の観光客の方が多いなと感じました。

 私がこの原爆ドームに行ったのが4月30日、平成の最後の日です。実際に行ってみて、世界平和とは何なのか、自分が出来ることはあるのだろうかなど、色々なことを考えさせられる日になりました。

 ただ残念なことが1つあり、原爆ドームの近くに“広島平和記念資料館”と言う建物があるのですが、私は原爆ドームを見るのと同じくらいに、その資料館を見ることを楽しみにしていました。
しかし、大型連休の途中であること、クイーンエリザベスと呼ばれる豪華客船などが広島に来ていること、この資料館が4月25日にリニューアルオープンをしたことなどの様々な要因が重なり、待ち時間が過去最長の2時間超になってしまっており、時間の関係で断念してしまいました。

 次に行ったのが2つ目の世界遺産、厳島神社です。
この厳島神社は、宮島と言う島にあるので、広島から船を使って宮島にいきました。

この宮島も、想像を超えた人の多さで、厳島神社の参拝までおよそ3時間という長蛇の列が出来ていたので、今回も断念しました。

 しかし、宮島のシンボルとしてもう1つ、“海の中に建つ大鳥居”がありますよね。
私が宮島に行った時が、ちょうど干潮時間だったので、下の砂浜を歩いて直接、大鳥居に触れることが出来ました。

↓海の中に建つ大鳥居
Photo_26

その日によって満潮時間、干潮時間が変わると言うことなので行く方は、ホームページでチェックしてみて下さいね!
http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/

この大鳥居で1つ注意が必要です!
今年の6月から大鳥居の工事が予定されています。
工事が始まってしまうと、当分の間大鳥居を見ることが出来なくなってしまうと言うことですので、見てみたい方は6月までにぜひ行ってみてください(*^-^*)

私は今回、2つの世界遺産を効率よく回りたかったので観光ツアーバスを予約しました。
色々なツアーバスがあると思いますので、興味がある方はぜひ調べて見てくださいね♪

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »