« 朱雀 | トップページ | 新しいスタート »

2019年10月12日 (土)

今が旬

こんにちは。

受付の島田です。

   

   まだ、日中は暑く、寒暖差が大きく感じるこの頃ですが、皆さんいかがお過ごしですか⁇


   秋といえば読書の秋、スポーツの秋などといいますが、私は食欲の秋です!


   センターの庭に栗の木が植えてありますが、近頃は沢山の栗🌰が落ち始めています。

患者様の中には「落ちてたよ〜」と栗を拾ってきてくださる方もいます。


    小布施と言えば知る人ぞ知る栗の名産地。小布施栗を目当てになんと年間120万人もの観光客が訪れるといいます。

小布施町は人口11千人ほどの長野県で一番小さな町ですので、生産量は他の生産地には及びませんが、小布施栗の人気はピカイチです!


Image

栗は、全体的にバランスよく栄養成分を含んでいます。

中でもビタミンでは最初に発見されたビタミンB1を多く含みます。これはチアミンとも呼ばれる化合物であり酵素タンパク質と結合して存在していて糖質やアミノ酸の代謝に関わっています。


    渋皮にはポリフェノールの一種タンニンが多く含まれており、この強い抗酸化作用により、老化防止やガンの予防に効果があるそうです。意外にもビタミンCが豊富で、ジャガイモと同じようにデンプン質に包まれているため、加熱しても壊れにくく摂取しやすいんですよ!


    と、栄養成分も分かった事ですので、早速、所長オススメの揚げ栗を作ってみました!!

   栗の実の上の部分に十字に切れ目を深く入れ、私は比較的低温の160℃の油でじっくりと揚げました。


   鬼皮は簡単に剥け、渋皮はパリパリとお菓子のようになり、中はホクホクしてとても美味しかったですよーっ。

私はシンプルに塩をパラパラとかけていただきました。


Image_20191012180801

最後に栗剥きはとても大変ですよね。でも栗剥き器を使うと簡単に剥くことができますよ。(ホームセンターなどで1000円程で売っています。)栗が有名な小布施では一家に一つ⁇所有しているところが多いようです。関西ではタコ焼き機が一家に一台おるように……


Image_20191012180901

その栗剥き器を使って作ったわが家の栗ご飯レシピを紹介します。

炊き込みご飯風に作るのでしっかりと味がついています。


Image_20191012181001

<材料>

  もち米2

  栗(むき)10

      大さじ2

       砂糖小さじ1

       醤油  大さじ1

       オイスターソース  大さじ1


<作り方>

    炊飯器にもち米、☆の調味料を入れる。

    水をおこわの2合の目盛りまで入れて混ぜ

        る。

    栗をのせて炊飯する。

    炊きあがったら、混ぜて器に盛る。

 是非、作ってみてくださいね!

« 朱雀 | トップページ | 新しいスタート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朱雀 | トップページ | 新しいスタート »