« ご案内と仰天ニュース | トップページ | 年末年始に向けて »

2019年11月15日 (金)

サボテン?

 こんにちは丸山です。

   初雪のニュースを見る機会が増えました。志賀高原も薄っすらと雪が積もり11/13には、長野県山ノ内町と群馬県草津町を結ぶ志賀草津高原ルートが冬季の通行止めになりました。診療所がある小布施町では、まだ雪の心配は無さそうですがそろそろ雪用タイヤへの交換を考えた方がよさそうですね。

 話は変わりまして、先日おしゃれ?をしに床屋さんへ行ってきました。いつも通り散髪、髭剃り、洗髪をお願いし、今回は気になっていた”鼻毛クリーン”もやってみることにしました。
しかし、本来ならば鼻毛を抜くことは止めた方がいいのですが…

鼻毛の役割は

1.フィルターとしての役割
2.乾燥を防ぐ(加湿)   

などがあります。

 髪の毛が伸びるスピードは、1日0.4mmくらい、1ヶ月12mmほどで、鼻毛は1日0.15mm、1ヶ月4~5mm位のようです。
鼻毛が鼻孔(鼻の穴)から出ている場合のお手入れは、鼻毛を抜くことが多いのではないでしょうか?

 鼻毛を抜くとフィルターや鼻腔を保湿するという役割を無くすことになり、粘膜が傷ついて炎症を起こす可能性もあります。

 では、どのように鼻毛の処理をするかとなると

・鼻毛処理専用小型ハサミ
・手動式の鼻毛カッター
・電動鼻毛カッター

などを使い、切ることがおすすめのようです。

 確かにそうなのですが、今回は好奇心が勝り“鼻毛クリーン”を体験してみました。

 ここから先はあまりきれいな話では無いのでご注意下さい。

 ”鼻毛クリーン”ですが、棒の先に付けたワックスを加熱して軟化させ鼻に入れます。もう少し分かり易く言う?と棒付きキャンディーを軟らかくして鼻の穴に突っ込む!!感じです。鼻呼吸ができないので、口呼吸しながら数分待ちワックスが固まったら、ここからが本番!気合で鼻に入れた棒を抜きます。結構痛いので、鼻をさすりたくなり、抜いた当日は花がムズムズしました。店員さんのお話だと、「歯を抜くより痛い」と言うお客さんがいらっしゃったそうです。

幸い、私の場合炎症が起こることはありませんでした。

 

  下の写真抜いた鼻から抜いた後のワックスです。

きれいな見た目ではありませんので、自主規制をしておきますね。サボテンを想像して下さい。

Photo_20191115232301

 

 一つの体験談として今回のブログを書いてみました。

                                                       歯科医師 丸山 貴

« ご案内と仰天ニュース | トップページ | 年末年始に向けて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご案内と仰天ニュース | トップページ | 年末年始に向けて »