« サボテン? | トップページ | 手作りハンドクリームを作ってみました! »

2019年11月22日 (金)

年末年始に向けて

 

 こんにちは、歯科助手の楠です(^-^)

 最近は朝晩だけでなく、日中の気温も下がり寒い日が続いていますね。皆さんは体調を崩されたりしていませんか?

実を言いますと、先日私は数年ぶりに熱が出て体調を崩してしまいました。体調には自信があった私ですが、もっと風邪予防をしっかりとしなければいけないなと思いました。

 インフルエンザも例年より早く流行し始めているみたいなので、手洗い・うがい・マスクと予防をしっかりしましょう!

 

Photo_20191122130201

(http://www.shaho-net.co.jp/susume/10/index.html)

  上のイラストには、インフルエンザを予防するのに大切な生活習慣が載っているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 11月も下旬になり、もうすぐ12月になりますが、皆さんは年末年始に向けて「年賀状」の準備はされていますか?

私は、年末のギリギリにならないと準備しないので、いつも焦りながら年賀状の作成をしています(^^;)

 

 

さていきなりですが、皆さんは年賀状のやり取りが行われるようになったのはいつからかご存知ですか?

 

 調べてみますと、奈良時代から、年始の挨拶をお世話になった方や親戚に行う「年始回り」という

風習があり、その風習が広まると遠方などの人へ直接「年始回り」の挨拶ができないことが増え、その代わりに書状での年始の挨拶を送るようになったのが年賀状を送る由来になったと言われているそうです。また、お年玉付年賀はがきは、昭和24(1949)12月から発行されたそうですよ。

 

 意味としては、年賀状の「年賀」には新年を祝うこと、またその祝いのことという意味があり、さらに1年の初めに行う儀礼的な挨拶の意味も込められているそうです。

旧年(昨年)の感謝の気持ちと、相手の方とともに無事に新年を迎えられたことを祝う書状を送るという意味で年賀状と名付けられたと書いてありました。

しかし、残念なことに若い人の文字離れもあってか、年賀状の印刷部数は2003年をピークに下の図に示しましたように、年々減少していっていることも事実です。

Photo_20191122130401

http://www.garbagenews.net/archives/2114695.html

 

 

 私は今でも、小学生の時にお世話になっていた先生と年賀状のやり取りをしています。

新年に先生から年賀状が来るのは嬉しいですし、自分の成長を報告するのが毎年の楽しみになっています!

 

 最近では、アプリなどで自分だけの年賀状が簡単に作ることが出来ます!

また、郵便局のホームページなど見てみますと、テンプレートなどもあり、印刷すればすぐに使うことが出来るものもありますよ(*-*

https://yu-bin.jp/create/design_kit/(郵便局ホームページ)

 

 来年の干支の年賀状で検索をしてみたら、このような可愛いデザインのものが沢山ありましたよ!

Photo_20191122130601

 

 スマートフォンなどが普及してきている影響か、若い人の年賀状離れが目立つようになってきていますが、アプリなどで“簡単に”年賀状が作ることが出来きます。しかし、少しでも工夫して自分らしいオリジナルの年賀状に思いを込めた文章を1行でも加えれば、アプリだけの味気ない年賀状より、受け取った人はどんなに嬉しいでしょうね!

 

 いつもお世話になっている方々に気持ちを伝える為にも、いつも年賀状を出さない人はぜひ年賀状を出してみることも良いとは思いますが、受け手に思いを馳せた“一言”で、同じ出す年賀状でも心が伝わるものになることでしょう。

 

では今回はこの辺で失礼します!

« サボテン? | トップページ | 手作りハンドクリームを作ってみました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サボテン? | トップページ | 手作りハンドクリームを作ってみました! »