« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月19日 (木)

”ほっ”とステーション

 こんにちは!歯科衛生士の北村です♪

 

 早くも今年あと残り半月となりましたね〜(>_<) 慌しい時期となりましたが、皆さんは体調など崩されていらっしゃらないでしょうか?

 

 先日季節外れの暖かさとなり、ふと道端に目をやると、ひょっこりと春の訪れを知らせてくれる“オオイヌノフグリさん”が顔を出していましていましたよ♪

 落ち葉との共演が珍しく、つい!かがんでパシャリと撮影してしまいました‼ まだ春は先ですが、日向に咲くオオイヌノフグリを見ているとほんわかあたたかな気分になりました(^ ^)

 

Photo_20191219161801

 

 

 さて、前回台風19号での災害ボランティアのことなど載せさせていただきましたが、先月ようやく参加することができました。

 被災から2ヵ月が経ちましたが、まだまだ千曲川河川敷農地のりんごや桃、栗などの果樹園は浸水により土砂が堆積している状態です。

 

 私がボランティアに参加させていただいた先月の祝日は、朝早くからたくさんの町内外のボランティアの方々が集まり、一斉にまず泥のついてしまったりんごを落とすところから始まりました。 その後、木々の葉や枝にまとわりついたゴミや泥を落としていくと、重たそうに地面についてしまっていた枝たちが、少し身軽になり空に向かって持ち上がろうとしている気がして嬉しくなりました。

 

 大切にここまで育てられた木々をなるべく傷つけないよう一つ一つ手作業で固まった泥を落とし、1ヵ月経ってもまだぬかるむ堆積された土砂の上を歩きながら作業を進めていきました。

 午前中いっぱいで作業は終わりとなりましたが、下に落としていったりんごの後処理や、木々の根元に積もった土砂自体もどうすることができないまま、不完全燃焼な気持ちとやりきれない思いにさいなまれながら、集合場所へと戻っていきました。

 しかし、戻ると地元の自治体の方々が「ホットステーション」にて温かい炊き出しやおにぎりとバナナでもてなしてくださり、疲れた体や心に染み渡りその名の通り“ほっ”と癒され温かな気持ちにさせていただきました。

 長野市から同じく一人で参加していた女性とも仲良くなり、長話していると後ろから「いっぱい作って余っても勿体ないから、おかわりしてって!」と威勢よく言ってくださり、遠慮なく2杯目をいただいてきてしまいました。 作ってくださった方々に感謝の思いを込めて、食べることにも精を出させていただきました!(笑)

 

Photo_20191219161604

 

Photo_20191219162301

Photo_20191219161603

Photo_20191219162501

Photo_20191219161601

Photo_20191219161602

 

 

 樹木が呼吸できるように根回りの排土などを行うボランティアをまた募集しています。

 

*1回目 令和元年12月21日 土曜日 午前9時~12時

*2回目 令和元年12月28日 土曜日 午前9時~12時

 

 詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.town.obuse.nagano.jp/soshiki/42/noutiboranntelia.html

 

 もし、ご参加いただける方いらっしゃいましたら、小布施町にとって大切な果樹園の復活にどうぞご協力よろしくお願いいたします!!

 

 

 お歳暮やクリスマスにお正月…と何かとお御馳走を召し上がる機会が多いこの季節。皆さまが美味しく幸せを噛み締めていただいた後、大活躍した大切な歯のケアも忘れずしてあげてくださいね!

 

 余談ではありますが、“クリスマス🎄”といえば小さい頃、サンタさんから達筆な英語で書かれた直筆の手紙をもらったことがありました! 嬉しくて友達みんなに見せびらかしてはしゃいでいことを、今でも大切な思い出として毎年のように思い出し微笑んでいます♪

 

 皆さまも慌しくも行事の多いこの季節を楽しんでいただけることを心より願っております♪ それではこのへんで失礼いたします(^o^)

 

 最後に少し前の紅葉の時期の写真にはなりますが、診療所のお庭の自然が作り出すプチギャラリーにて少しでもホッとくつろぐ時間を過ごしていただけたら幸いです。

 その思いを込めて、診療所の中を流れる小川の大工事を地元の見海造園さんと樹木医の篠原さんに1カ月以上かかってやっていただきました。業者さんがかわると、こんなにも”繊細かつ丁寧”にやっていただけるものだと所長も驚いていた次第です。

 美しい清流の流れを楽しめる庭に一変した診療所の”ほっ”とステーションで四季の美しさを楽しんでみてくださいね!

 

Photo_20191219161703

Photo_20191219161701

Photo_20191219161704

Photo_20191219161702

 

 

2019年12月13日 (金)

新定番、シメ○○!

  こんにちは、歯科衛生士の渡邉です!

  最近落葉も多くなり、医院の庭の掃除をしていると、声をかけてくださる患者さんが多くて嬉しいです😊 ねぎらいの言葉を頂いたり、庭を見ながらお話しをする時間は、心が温まり、幸せな気持ちになります。

 

 

 さて、皆さんはお酒を飲んだ後のシメといえば、何を思い浮かべますか?ラーメン、お茶漬け、雑炊などを連想する方が多いかと思います。

 

 

 先日、友人に会いに初めて松本に行ってきました。美味しいお肉とお酒で、とても楽しい時間を過ごせました!最後に友人おススメの「シメ」を食べに行こうという事で、連れてきてもらったのが、松本に新しくできた「シメパフェ&SWWETS」さんでした。

 

 シメにパフェを食べるというのを初めて聞いたのですが、実は北海道の札幌発祥だそうです。北海道の繁華街でパフェを提供するお店7店舗ほどが、協力してパフェ全体を盛り上げていこうということで、「札幌パフェ推進委員会」を立ち上げたそうです。北海道の新鮮な牛乳を使ったソフトクリームや、夕張メロンなど、季節の美味しいフルーツを使ったこだわりのパフェを考案。(想像しただけで美味しそうですよね!)その際、「シメパフェ」というキャッチコピーをつけ、便乗するお店もどんどん増え、一気にシメパフェ文化が広まったそうです。

 

https://sapporo-parfait.com/

 

 

 私が行った松本のシメパフェ&SWWETSさんは、シメパフェのお店という事で、平日の営業時間は18:0024:00(火、水曜日定休日)でした。(日曜日は13:0017:00)夜しか営業していないので、行かれる方は時間を確認してくださいね。店内もとても可愛くて、お客さんは若い女性が多かったですが、男性の方もいましたよ!私たちは20:00過ぎごろ行ったのですが、空いていて、すぐに席に着く事が出来ました。ですが、その後はどんどん人が増え、並んでいるお客さんもいたので、並ばずに入るなら少し早めに行った方がいいかもしれません!

 

 パフェは3種類で、他にもケーキやドリンクもありました。どれも美味しそうで迷ったのですが、 私は定番商品のチョコベリーパフェを注文しました!

 

Watanabe 

 

 爽やかなラズベリーとチョコレートのアイスは、意外とさっぱりとしていて、甘すぎず、お腹いっぱい食べた後なのに、ペロリと一つ完食してしまいました!友人は期間限定のリンゴのパフェを注文していて、ひとくち貰いましたが、そちらもとても美味しかったです。お酒を飲んだ後の少し火照った体を、冷たいパフェでクールダウンする事ができました。

 私は甘いものが大好きなので、シメパフェはお気に入りです!とても美味しかったので、皆さんも松本に行く機会がありましたら是非立ち寄ってみてください。

 

 

 松本まで行くのは少し遠いという方は、ファミリーレストランやコンビニのパフェもおススメです。スイーツに力を入れているお店も多く、期間限定のものもあったり、手軽に立ち寄れるところがいいですよね!私もコンビニに行くと、ついつい甘いスイーツを買ってしまいます!

 

 

 これからの忘年会シーズン、シメはラーメン派の方も、是非一度試してみてください

 

2019年12月 4日 (水)

手作りハンドクリームを作ってみました!

こんにちは。 受付の島田です。

 山々の紅葉🍁も終わり、枯れ葉が舞う季節になりました。センターの庭も落ち葉のジュータンが広がり冬の訪れを感じます。



 この季節になると悩まされるのが、お肌の乾燥です。皆さんはカサカサ、かゆかゆのお肌にはなっていませんか?

 私は、ドラッグストアなどに売られているユースキンをお風呂上がりに、かかとや肌の乾燥が気になるところに毎日塗って寝ると翌朝にはしっとりとしてヒビ割れなどせずに冬を乗り切る事ができるのですが


Image_20191204195801


 しかし、今年は一念発起して自分好みの香りで保湿剤を作ってみたいと思いました。


 そこで、手作りハンドクリームの作り方をみつけましたので早速作ってみました。

 色々調べた結果、基剤としてはワセリンクリームが安価でとても良いことを発見しました。市販のワセリンクリームに、お好みの精油を混ぜるだけでオリジナルで自分により適した効果的なハンドクリームを作ることができますよ!



 『用意する物』

・白色ワセリン(50g)←ドラッグストアで約400円

 

・精油インターネットでも買えますが、長野  東急百貨店5(生活の木)で約700



Image_20191204200001

Image_20191204200002

 『作り方』

 ①白色ワセリンを湯煎します。(私は容器ごと湯煎しました。)最初は全体的に固まっているので、ゆっくりと混ぜながら容器の中心部まで完全に溶かします。


 ②ワセリンが完全に溶けたら精油(ラベンダー)を入れます。


Image_20191204200101

クリーム10gに対して1滴くらいを目安にするといいと思います。精油が多すぎると刺激や香りが強すぎて逆に手荒れがひどくなることもあるそうです。(このクリームは50gでしたので5滴入れようと思いましたが、初めて作るので最初はひかえめに3滴にしてみました。ほんのりラベンダーの香りがする程度でした。)

   ③精油を入れたらさらにまんべんなく混ぜます。

   ④冷え固まるまで、蓋を外して10分待ったら完成です!!

Image_20191204200401

とっても簡単で自分好みに調整できますので是非作ってみてください。


 寝る前、少し湿ったくらいの手肌の状態でたっぷりと塗って寝ると、翌朝しっとりとして保湿感を体感できます。(手ぶくろをするとさらに効果的です。)

 お試しあれっ!




 精油はたくさんの種類があるのでお気に入りをさがすのも楽しいですよ。

 入れる精油によって効果も違うので一部ご紹介します。


"ベンゾイン(安息香)" (ベンゾインとはジャワ、スマトラ、タイを中心とする東南アジアに多く生息する樹木)→傷を癒したり、傷痕を目立たなくしたりする作用あり。手荒れはもちろん、かかとやヒビ割れに効果的。


"フランキンセンス"(乳香の木から採れる樹脂)→乾燥肌や老化肌、あかぎれによい。肌を柔らかくする効果あり。


"ラベンダー"→火傷の応急手当や傷を負った時に傷痕を残したくない時に。傷を早く治す作用あり。



〈注!〉百円ショップなどで精油として売られている物は人工香料やアルコールなどが入っているため皮膚にぬることは避けたほうがよさそうです。

ハンドクリームに混ぜる精油は、プチ贅沢をして、植物から抽出された100%天然のもので作ってみてくださいね。


« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »