« 暖冬 | トップページ | 小布施の安市 »

2020年1月23日 (木)

初めまして

 皆様初めまして、今月から当院で働かせて頂いております、歯科衛生士の宮本と申します。

 

 

 当院は「歯科口腔外科」が専門ですが、一言で「歯医者さん」とは言っても、歯科にも色々な分野が有ることを皆様御存知ですか?

 

 

 医院には診療科名を示した名称が掲げられておりますが、これらは標榜科といい病院や診療所などの医療機関が医療法という法律に基づいて表示出来る診療科の名称となります。

 日本では歯科医師でみれば、診療科名は歯科、小児歯科、矯正歯科、そして歯科口腔外科の4科目のみなのですが、いずれも自由に標榜出来ることになっています。

 科名標榜が自由だと患者さんが受診されたい歯科医院の専門性が高い、すなわちその標榜科に対して秀でた技術や知識を持っているのか?判別できないという問題点が浮上してきました。

 そのため歯科の各学会が認定医や専門医のシステムを作った経緯があります。

 日本口腔外科学会から認定された口腔外科専門医の場合も、口腔外科では悪性腫瘍や生死に関わる疾患も処置することが多いこともあり、また受診希望者が単なる自由標榜の科名からだけでなく専門医を見つけやすくする観点からも、ホームページや看板に、日本口腔外科学会認定口腔外科専門医というように記載出来ることになっているのを御存知でしょうか?

 当院の所長も長い年月をかけて大学で勤務しながら口腔外科専門医の試験にも合格され、更にその上の専門医を養成することの出来る指導医の資格も有していますので安心して受診して下さいね。

 

 

 最近ではホームページ等で審美歯科、高齢者歯科、障害者歯科、訪問歯科、歯周病科、歯科放射線科、口腔内科など、様々な表記も増えて来ています。標榜科では無いのですが、時代と共に専門分野が広く出来てきており、専門的に学ぶ人が増えてきています。何に特化した治療をしているか、解りやすく示す為に様々な表記が増えました。

 

 私はここにくるまで病院や老人施設で高齢者、障害者歯科での口腔ケア、摂食嚥下や口腔リハビリテーションを学んで来ました。誰もが年を重ねて病気や寝たきりになるリスクを背負う中で、食べる事はいつでも楽しみの1つですよね。

「好きな物、美味しい物を最後までしっかり口から食べる」を目標に歯科衛生士として勉強を重ねて来ました。

 

 そういった中で、病気になってから、寝たきりになってから、お口をキレイにする事は万病を防ぐ元、と口腔ケアに精を出してもちょっと遅い、元気なうちから元気な口腔内を維持していく事が大切なのではその為にはどうしたら良いのかと思い、欠損した歯を甦らせるインプラント、口腔内の病気を治療する口腔外科をきちんと学びたい!と思い当院にて働く事となりました。

 

 

 口腔外科では新発見の毎日で、まだまだ未熟ですが、どうぞこれから宜しくお願いします。

 

 新しい日々にまだまだ緊張してばかりですが、診察室から見える小鳥達にいつもほっこりしております。

Dsc_0606

シベリアから渡って来る珍しい「ヒレンジャク」

 

Dsc_0758 Dsc_07541

4月下旬にやって来る渡り鳥のコムクドリです。左が雌、右が雄です。

« 暖冬 | トップページ | 小布施の安市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖冬 | トップページ | 小布施の安市 »