« ”ほっ”とステーション | トップページ | 暖冬 »

2020年1月11日 (土)

小布施の小正月

 皆様、明けましておめでとうございます。受付の小林です。

 今年は降雪が少なくちょっぴりもの足りない気もしていますが、車の運転に支障がないので外出しやすくて良いですね! ただ、インフルエンザが例年より早い時期からすでに流行し始めていますので予防を心がけたいですね。

 

 お正月の三が日が終わり、1月7日の七草がゆや鏡開き、どんど焼きなどそれに続く行事がたくさんあるこの時期ですが、来週の1月14日・15日には「小布施安市」が開催されます。2日間にわたり、だるま等の販売や安市楽座、だるまのお焚き上げ、お練り、稚児行列など様々な行事が予定されています。

 五穀豊穣・商売繫栄を願うこの「小布施安市」は、江戸時代初期に開かれた「六斎市」(三と八の日が市日、月六回開催)を引き継ぐ小布施町最大の伝統行事であります。

 小布施町は古くには物資の集散地として栄えており、北信濃から上州方面へ播州赤穂の大量の塩を売るなど重要な位置づけにあったとされています。 次第に六斎市は姿を消してしまったそうですが、この「安市」は六斎市の名残として、だるまや熊手などの縁起物を買い求める人々で賑わっています。

 

3470

小布施安市では最大の呼び物とされる「火渡りの神事」(公式ホームページより)

 

 当日は時間や場所によって交通規制があります。 駐車場にも限りがありますので、詳しくは公式ホームページをご覧の上、お越しください。

https://www.town.obuse.nagano.jp/site/kanko/yasuichi.html

 

 

 私の住んでいる地区では一足早く、1月12日(日)にどんど焼きがあります。 今年は数十年ぶりに大役が回ってきましたので、地元の方々にみかんや自家製おでんを振る舞ってきます!

« ”ほっ”とステーション | トップページ | 暖冬 »

コメント

小布施安市に行ってきました。私は毎年行っていますが、最近は外国人が多くなったなと感じました。外国にはあまり馴染みのない文化かもしれませんが、こうして段々と知られていくのは嬉しいことだと感じました。私は何年も地域のどんど焼きには参加していませんでしたが、改めて参加してみようかなと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ”ほっ”とステーション | トップページ | 暖冬 »