« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月29日 (土)

歯を失う怖い病気って?

 

 こんにちは、歯科衛生士の北村です(^ ^)

 ニュースでも毎日報道されていますが、ますます新型コロナウイルスの拡大が深刻化してきていますね。2月25日に長野県内でも初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表もあり、医療現場でもより一層の予防の意識を高めて行動しなくてはならないと感じております。

 

 さて、2月15日(土)・16日(日)に新潟で行われた『関東・甲信越支部 日本口腔インプラント学会』に所長と参加させていただきました。 所長が共同研究をしている発表もあり、お昼はお弁当を食べながらのセミナーもあって、今回の学会も朝からみっちりスケジュールが組み込まれ、充実した時間を過ごすことができました。

 16日は学会が終わった後に新潟大学へ向かい、今所長が行っている共同研究のための採血をして帰ってきました。素人感覚ですが、”研究室”に入るのが初めてだったので、少しドキドキしてしまいました。

 

 学会タイトルにも「口腔インプラント治療の今と将来」と掲げられているように、これからは人生100年時代と言われており、将来を見据えた治療をしていかなくてはいけません。

 ご本人に治療の内容を把握していただき、より良い環境で維持していただくことがとても重要なのはもちろんのこと、これからは治療内容をご本人だけではなく、もしかすると将来お口のケアをしていただくことになるかもしれないご家族にも理解していただく必要があります。

 今通院中の患者様がもし通えなくなってしまったらなど、私たちは日本が世界に先駆けて突入した超高齢社会で患者さんのこれからの将来のことも一緒に考えていく必要があるのだと改めて考えさせられることが沢山ありました。

 まずは歯科衛生士として患者さんに寄り添い、専門的なことをわかりやすく一つ一つお伝えしていきたいと思います。

 

 

 それでは以前(2019年9月12日号)のブログで「歯周病」についてふれさせていただきましたが、今日はもう少し深く掘り下げて歯科衛生士という立場からお話しさせていただきたいと思います。

 

 

歯を失う原因1位の歯周病

 

 以前にもお話ししたことがありますが、歯周病は痛みや見た目の変化がほとんどないため、ケア意識が薄くなりがちですが、実は歯を失う原因第1位!の怖い病気です。大切な歯を守るためにも、歯周病予防を行っていくことがとても大切です。

 

 そしてなんと成人の約8割が歯周病に罹っているか、その予備軍!といわれており感染者の多い病気でもあります。

 これからインプラントを考えられている方も、もう入れていただいている方も、そうでない方も!歯がある限り、ぜひ今一度歯周病について一緒にお考えください。

 

 ちなみにインプラントでも残念ながら歯周病と同じような症状が起こることがあります。インプラントの場合、名前が変わり『インプラント周囲炎』と名前は変わりますが、実態はほとんど同じ疾患と考えていただいても良いと思います。

 

 

 そもそも歯周病はどうしてなるのかというと、複数の細菌がネバネバの多糖体を作って付着した菌膜「バイオフィルム」による“感染症”によるものです。

 

 バイオフィルムはお口の中だけでなく、身近にも存在しています。例えば、台所やお風呂場の排水口などの水周りのヌルヌルしたものもバイオフィルムです。 これらは物理的に擦り落とすことで除去できますが、お口の中も一緒です。歯科では歯の表面についたバイオフィルムをご存知の通り【プラーク(歯垢)】と呼んでいます。

 

 歯垢は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきの境(歯周ポケット)に潜んでいます。

この歯垢(プラーク)中の細菌が出す毒素によって、歯ぐきに炎症が起きてしまうのです。

 

 その他にも次のことも歯周病を進行させる危険因子(リスクファクター)となります。

 

 

【局所的なリスクファクター】

 

 ・歯並び

 歯並びが悪い部分は歯みがきが不十分になりやすく、磨き残しから歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

 

歯石

 口の中の汚れや細菌が増殖すると歯垢(プラーク)が作られ、磨き残した歯垢(プラーク)は約2~3日で石灰化し、歯石となります。

 歯石が一度ついてしまうと、歯みがきでは落とすことができず、歯ぐきの炎症などを引き起こします。

 

不適合な被せ物や入れ歯

 むし歯治療などで被せものが自分の歯に合わないと、そのまわりに歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

 

口呼吸、歯ぎしり、くいしばり、かみしめ

 口で呼吸することが癖になっていると歯垢(プラーク)ががたまりやすい乾燥した状態になります。また、歯ぎしりは歯や歯ぐきに強い力がかかり、炎症が起こりやすくなります。

 

 

【全身的なリスクファクター】

 

ストレス、睡眠不足

 ストレスが多い毎日で、食習慣や歯みがきの習慣が変わることがあります。さらには、ストレスや睡眠不足が原因で体の抵抗力(免疫力)が弱まり、歯周病が悪化しやすくなることもあります。

 

食習慣

 不規則な食生活や栄養バランスの欠いた食事をしていると、体だけでなく歯や歯ぐきにも悪影響を及ぼします。また甘いもの、やわらかいものは歯につきやすく、歯垢(プラーク)が増える原因となります。

 

喫煙

 喫煙は、血管が収縮し、脳の血管のみならず「歯ぐきの血行」が悪くなります。その結果、歯周病への抵抗力を弱めてしまいます。また、歯周病治療でも喫煙者では治りが悪いこともわかっています。

 先日の学会でも、ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると非喫煙者と比較して5.4に、10年以上吸っていると4.3に上昇し、重症化しやすくなると発表されていました。

 

全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常など)

 

 

・その他

・女性ホルモンの影響

・薬の長期使用

・肥満

・遺伝   など

 

 

 歯周病はお伝えした通り口の中の複数の細菌による感染症です。言い換えれば、複数の細菌の合作が歯周病ともいえます。まずは、元凶である歯周病の原因菌を増やさないようにすることが大切です。成分表示をよく見て、歯周病の原因菌を効果的に殺菌する薬用成分が配合されたハミガキ剤洗口液を選択しましょう。

 

 ちなみに、当医院ではGUMやリステリンをお勧めさせていただいております。

 

 薬用成分 CPC:塩化セチルピリジニウムと、BKC:塩化ベンザルコニウム(殺菌剤) が入っているので長時間殺菌でき、歯と歯茎へコート力(滞留力)が期待できます。

 

 歯周病菌の生息場所は、歯周ポケット内の歯垢(プラーク)。これをきちんと除去することは基本中の基本です!

 歯周病の中でも初期で、炎症が歯肉(=歯ぐき)に限られている歯肉炎の状態なら、歯垢(プラーク)を取り除くセルフケアで、元の健康な状態に戻すことができます。

 

 そこでマスターしていただきたいのが「毛先みがき」です。これまで歯の表面だけ磨けばいいと意識していた方も、歯と歯ぐきの境目にハブラシを当て、きちんと毛先が当たっているか意識して磨くようにしてみましょう!

 

『歯と歯ぐきの境目を重点的にブラッシングする歯周病セルフケアを意識したみがき方』

 

 きちんと殺菌・汚れの除去は歯周病予防の基本です。

 ハブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に45度の角度であて、歯ブラシを前後に5mm程度に細かく動かしながら軽い力で磨きましょう。

 

Photo_20200229110301

 

 ちなみにインプラントの場合、上物(歯の形をした部分)が丸みをおびた形になっている為、逆に毛先を下から上に向けて磨いた方が歯ぐきとの境をよく磨けることもあります。歯ブラシだけでは不十分になりやすいので、タフトブラシという毛先が束になって尖っているものを使い、仕上げ磨きをしていただくことをお勧めしています。また歯と歯の間が広くなってきている方の場合は、隙間に歯ブラシの毛先が届きづらいのでご自分の歯間の幅に合ったサイズの歯間ブラシをお使いいただくことをすすめています。もしわからない場合は、メインテナンス時に何なりとお尋ねくださいね。

 皆さんに合ったサイズさがしのお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

 参照:歯周病のチェックポイントと予防法、口腔ケアのABC  (医歯薬出版、1999年発行)

    歯周病と全身疾患  (株式会社 ヒョーロン・パブリッシャーズ出版、2006年5月17日発行)

 

 

 それでは最後に、今年も先週診療所の花木の中で真っ先に開花し、春の知らせをしてくれたマンサクの花の写真を載せさせていただいて、この辺で失礼いたします♪

 清々しい青空をバックに鮮やかな黄色い花弁が映え、眺めていると気持ちが自然と弾みました(^^) 花弁が変わっていて、個性があっていいですね!

 

 そしてどうぞ、みなさんコロナウィルス予防もお忘れなく、お元気にお過ごしくださいね!

 

Photo_20200229105801

Photo_20200229105901

 

 

 

2020年2月21日 (金)

いちご飴

 こんにちは、歯科衛生士の渡邉です!

 

 まだ雪が降り、寒い日が続いていますが、長い冬もいよいよ終わりに近づいてきましたね。春の訪れが待ち遠しいです!

 

 

 

 さて、話を変えさせていただきますが、私は食べることが大好きです! 特に甘いものには目がありません! 仕事や勉強の後に食べる甘いスイーツは、最高に美味しいですよね♡

 

 先月、小布施の“安市”に行き、屋台でりんご飴を買いました。お祭りに行くと、私は必ずりんご飴を買うのですが、もっと沢山食べたくて、作り方を調べて作ってみました! 今回は、今流行っている、見た目も可愛い「いちご飴」にしてみました♪

 

 

 <材料>

 

 ・いちご1パック ・砂糖180g ・水50cc

 

 

 <作り方>

 

 ①いちごを洗い、キッチンペーパーでしっかり水気を取り、竹串に刺す

 

 ②鍋に砂糖と水を入れ、火をつける前に混ぜる

 

 ③中火で火にかけ、沸騰させる( ※絶対にかき混ぜない)

 

 ④泡の音が静かになってきたら火を止める

 

 ⑤竹串に刺したいちごに飴をか
け、クッキングペーパーの上で冷まして固める

 

Photo_20200221132001

 

 ポイントは、飴が熱くて流動性のある間に、素早くいちごにかける事です。思ったよりも固まるのが早いので、ゆっくりしていると粘調性が増して上手にかけられなくなってしまいます。

 

 材料も手順も少ないので、料理があまり得意ではない私でも、簡単に作ることができました♪ 冷蔵庫で冷やすと、飴がパリパリになってとても美味しかったです!

 

 

 いちごだけでなく、ぶどうや蜜柑、キウイフルーツなど、色々な果物で作ることもできます。りんご飴を作る場合は、一口サイズに切った方が作りやすく、食べやすいと思います。

 

 カラフルで可愛くて美味しいフルーツ飴、皆さんも是非旬のフルーツで作ってみてください😊♪

 

2020年2月13日 (木)

行ってみました

 こんにちは。 受付の島田です。


 今年の冬は、全国的に記録的な暖冬で雪不足が深刻化しているようですね。

日本海側の降雪量は12月に続き1月も記録的に少なくなりました。今後も寒気の影響は受けにくく、まとまった雪は降らない予定だそうです(>人<;)

 

 各地域での雪まつりも今年は例年以上に雪の確保が難しかったようですね



 私は先日、雪まつりではないのですが、毎年2月上旬(今年は2/62/11)に開催され、すっかり長野県の定番のイベントとなった『長野 灯明まつり』に初めて行って来ました。

 

 『長野 灯明まつり』は、長野オリンピックのメモリアルイベントとして50万人を超す人手で賑わった2003年の『善光寺ゆめ常夜灯』をさらに発展させ、2004年から新たに始まったイベントです。

 毎年テーマが決まっていて、今年の第十七回目は平和への灯りがテーマです。戦後75年にあたる2020年は平和への想いを新たに、世界に向けて平和への灯りを灯します。また台風19号激甚災害からの復興の旗印として、サブテーマに災害復興を掲げ開催したそうです。


 幻想的な光のアートイベントというイメージでしたが、平和を祈るイベントなのですね!



 第一回目からプロデュースしているのは、毎年レインボーブリッジや東京タワー等のライトアップで有名な国際的照明デザイナーの石井幹子さんです。

 今回ライトアップされるのは、どれも文化財だそうで、

  国宝善光寺本堂

  重要文化財山門、経堂

古くからある善光寺の文化財がライトアップによって現代的なアートを作り出し、とても魅力的でした。

ライトアップ光景は圧巻で、ちょうど雪が降っていたので、雪もライトに照らされ本当に幻想的でした。


82c2056a18754a5ba94da7f4912e810aB58f89d5b66548259ec0dad2eb7a557dB66714963d0f48b896a41c0f465bc9fdAf981e0711264d5185d8a416e48a8b42


夕食の時間帯(pm6:009:00)からのイベントなので、参加者の皆さんはお腹が空き、仲見世通りはとても賑わっていました。

 蒸かしたての縄文おやきや、珍しい黒豆きな粉クリームのクレープなど美味しかったです!


659f5ef5862e42bc9576f44bf0f9903366fc542d812e47079986f80570ed3270


灯明まつり開催中は毎夜、風情あふれる善光寺の宿坊を堪能できる宿坊ゆめ茶会も開催されていました。釈迦通りの蓮華院入口は蛇の目燈篭がとても美しかったです。


56f75446cf604057bdc476f01b64fa9a


また今年から、古くから善光寺と共に参る《両参り》が行われてきた北向観音のある上田市の別所温泉で同じ時期に『氷灯ろう夢まつり』が行われるということなので、来年はそちらへも行ってみたいと思います(o^^o)

2020年2月 1日 (土)

小布施の安市

 こんにちは、歯科助手の楠です!

 早いもので1月も下旬になり、もうすぐ2月ですね。
暖冬で例年より暖かいですが、風邪などに注意しましょう。


 さて、2週間ほど前になりますが、114日・15日は小布施町で安市が開催されました。
(詳しくは、2018年に安市についてのブログを書かせて頂いたので、そちらをご覧下さい!)

http://sinshuu-ic.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-751a.html

 14日の夜、私は数年ぶりに安市に行き、正月飾りや達磨などをお焚き上げに出しました。
安市では、達磨はもちろんですが、縁起物の飾りや食べ物の屋台などが沢山あり、達磨を求める方や受験の合格祈願の参拝をする方たちなど沢山の人がいましたよ!
小学生が、1415日お休みと言うのも関係しているかと思いますが、大人だけではなく子供も沢山いて活気が溢れていました!!こういう活気が溢れる所を見ると、小布施町民の1人としてとても嬉しくなります(*-*


お焚き上げの様子です
Img_7685

屋台にあった、今人気のチーズドックです。
中にチーズがいっぱい入っていて美味しかったですよ
Photo_20200201085801

 ご存知の方が多いと思いますが、だるまを購入した時には両目が入っていなく、自分で片目ずつ入れますよね。皆さんはその意味や、だるまの由来は知っていますか?
 
 まず、だるまはインドの「達磨大師」というお坊さんがモデルであると言われています。達磨大師は9年もの間、壁に向かって座禅をしつづけたことで手足が腐り、手足を失ったという伝説があります。この手足を失った姿が現在のだるまに表されているというのが通説となっているそうです。

達磨大師

Photo_20200201085802

 目入れは「開眼」という意味があり、仏像や仏画が新たに作られたとき魂を入れることを開眼と言うのですが、達磨は願いを込めて片方の目を先に書き入れて開眼させるそうです。
願いが成就したら片方の目に目入れして両目を入れるそうですよ。

 一般的に、だるまの左目から目を入れ、そして願い事が成就したら、右目を目入れますよね。
これは、阿吽の物事の始まりという意味を表す「阿」をだるまの左目に、終わりの意味を表す「吽」を右目はしているので、物事の始まりという意味を表す左目から開眼するようになったそうです。
また、太陽が東から西に動くので、だるまを南に向けた時に、東になる左目から目を入れるという説もあるそうですよ。

 達磨の目入れは、地域や宗教、目的などによって変わってくるそうなので気になる方は調べて見てくださいね!

 仕事も「阿吽の呼吸」で職員が動けるように努力していきたいものですね。

 

【参照】

https://wasumasyo.com/archives/3216
https://jpnculture.net/daruma/

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »