« 行ってみました | トップページ | 歯を失う怖い病気って? »

2020年2月21日 (金)

いちご飴

 こんにちは、歯科衛生士の渡邉です!

 

 まだ雪が降り、寒い日が続いていますが、長い冬もいよいよ終わりに近づいてきましたね。春の訪れが待ち遠しいです!

 

 

 

 さて、話を変えさせていただきますが、私は食べることが大好きです! 特に甘いものには目がありません! 仕事や勉強の後に食べる甘いスイーツは、最高に美味しいですよね♡

 

 先月、小布施の“安市”に行き、屋台でりんご飴を買いました。お祭りに行くと、私は必ずりんご飴を買うのですが、もっと沢山食べたくて、作り方を調べて作ってみました! 今回は、今流行っている、見た目も可愛い「いちご飴」にしてみました♪

 

 

 <材料>

 

 ・いちご1パック ・砂糖180g ・水50cc

 

 

 <作り方>

 

 ①いちごを洗い、キッチンペーパーでしっかり水気を取り、竹串に刺す

 

 ②鍋に砂糖と水を入れ、火をつける前に混ぜる

 

 ③中火で火にかけ、沸騰させる( ※絶対にかき混ぜない)

 

 ④泡の音が静かになってきたら火を止める

 

 ⑤竹串に刺したいちごに飴をか
け、クッキングペーパーの上で冷まして固める

 

Photo_20200221132001

 

 ポイントは、飴が熱くて流動性のある間に、素早くいちごにかける事です。思ったよりも固まるのが早いので、ゆっくりしていると粘調性が増して上手にかけられなくなってしまいます。

 

 材料も手順も少ないので、料理があまり得意ではない私でも、簡単に作ることができました♪ 冷蔵庫で冷やすと、飴がパリパリになってとても美味しかったです!

 

 

 いちごだけでなく、ぶどうや蜜柑、キウイフルーツなど、色々な果物で作ることもできます。りんご飴を作る場合は、一口サイズに切った方が作りやすく、食べやすいと思います。

 

 カラフルで可愛くて美味しいフルーツ飴、皆さんも是非旬のフルーツで作ってみてください😊♪

 

« 行ってみました | トップページ | 歯を失う怖い病気って? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行ってみました | トップページ | 歯を失う怖い病気って? »