« お釜 | トップページ | 諏訪大社 »

2020年3月19日 (木)

ネイル

   こんにちは、歯科衛生士の宮本です。

            

 

  先日、友達のネイリストが経営しているネイルサロンへ行ってきました。爪が綺麗になると心もウキウキ、気持ちが弾みますよね。

 

Docx

  

  ↑娘がしてもらったネイルです

 

    実はネイルの歴史はかなり古く、紀元前3000~4000年頃の古代エジプトにはすでに爪に着色をする文化があったことがミイラなどで確認できているそうです。ネイルの技術というよりは手や顔や身体、全ての部位に彩色を施していく、化粧の中の1つとして始まったとされ、植物のヘナの花の汁など、植物性の染料を用いて爪を染めていたそうです。

  

  古代人は特に赤色を好んでいたといわれ、太陽の赤、血の赤を表し神聖な色として尊ばれ、位の高い人ほど濃い色で着彩され、爪の色が身分を表し、王と王妃は濃い赤、その他の者は薄い色しか許されなかったようです。

 

  エジプトの古い資料に第6王朝の頃には清潔に保つ為のマニキュアを男女共に行っていた記録があるそうです。

 

 

    さて、時代は過ぎ現代では

 

    ネイルサロンには、甘皮の処理をしたり爪やすり(ファイル)で爪の長さと形を整えてくれる「ネイルケア」というメニューもあります。

 

    爪の表面の凹凸や甘皮が薄く伸びた部分を処理したり、傷んだ爪の手入れを行い、自爪と周辺の皮膚を良好な状態にしてくれます。これだけでも爪がとても綺麗になります。

 

   付け爪は、自爪に貼り付ける人工爪で、生活環境や職業、体質など普段は装飾が出来ない人や爪を伸ばせない人もTPOに合わせて爪のおしゃれを楽しむ事が出来ます。 最近では、爪を失ってしまったり、復旧が難しい場合、マニキュアなどでは隠しきれない爪の変色を隠す目的でも用いられ、老人介護や医療の場、ホスピスケアなどでも用いられているそうです。

 

 

   最近人気のジェルネイル、ウレタンアクリル樹脂などを主成分とするジェル状の素材を爪に塗り、UVライトやLEDライトを用いて硬化させて仕上げるネイルです。 従来のネイルポリッシュに比べて自爪に優しく長持ちすること、高発色で美しい艶が出ることが魅力です。

 

  爪をコーティングして補強してくれるので爪の割れやすい人にもお勧めです。爪を保護する目的で施す方も多いとか。

 

 

    健康や生活の為の保護や美容や身だしなみなど、様々な目的でネイルをする人が増えているのですね。

 

 

    友達のお店は長野市権堂に去年オープンしたばかりです。一階は美容室で、その二階にネイルサロンと鍼灸院があります。古民家レトロの暖かい空間でとてもリラックスして施術して貰えます。

    ゆっくりおしゃべりしながら、好みや日常生活、イベントやお仕事に合わせたデザインを決めていけます。

 

   良かったら是非、足を運んでみてください。

 http://www.instagram.com/nail_room_biho

 

« お釜 | トップページ | 諏訪大社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お釜 | トップページ | 諏訪大社 »