« 病気にならないために | トップページ | ネイル »

2020年3月13日 (金)

お釜

 こんにちは丸山です。

 新型コロナウィルスによる感染が心配されますが、早く収束してほしいですね。                                                                                                     そのような状態でも確実に春は近づいてきていますね。最近、土の匂い?を感じるような気がします。

 先日、駅弁で有名な信越本線横川駅の「峠の釜めし」を食べる機会がありました。                                 

食べたことがある方も大勢いらっしゃると思います。駅弁にしては立派な益子焼の容器に中身が入っていますので、            食べ終わったら捨ててしまうのはもったいないですね。そのため、この容器の回収を行ってもいるそうです。                   また、この容器を使って1合のご飯を炊けたり、他にも色々な活用方法があるようです。

 そこで試しにご飯を1合炊いてみようとネットで検索しました。

 先ず、水洗した米1合と水200ccを容器に入れ、蓋を少しずらし中火で3~4分煮立ってくるのを待ちます。

下の写真がその状態です。

Dsc_2011

 煮立ってきたら蓋をして10分間弱火で煮ます。                                          

弱火とはいえ煮立っていますから容器と蓋の隙間から煮汁が溢れてきてガスコンロを汚していきます…                   蓋を開けて溢れないようにしたいのですが、美味しいご飯のためにガスコンロの汚れは我慢します。

 下の写真では湯気が出ていることがお分かりいただけると思います。

Dsc_2012

 蓋をして10分経過したら10数秒強火にして火を止めます。                                       

そして、そのまま15分弱蒸らします。この15分間は、期待と不安が入り混じった時間ですね。                                       5分経ちましたので、蓋を取ると美味しそうに炊けているようです。

Dsc_2013

 炊き上がったご飯を混ぜると美味しそうな「おこげ」があり、実際食べてみると硬過ぎず、柔らか過ぎず美味しく食べられました。    

 後日、醤油と出汁を入れて炊き込みご飯風にしてみましたが火加減が今一つだったためか、残念ながら焦げてしまいました。                                    炊飯器以外でご飯を炊くことは、小・中学校での飯盒炊爨以来でしたが、意外と簡単にできました。ガスコンロの掃除が少し大変ではありますが…

 この容器をお持ちでしたら、ご飯を炊いてみて下さい。けっこう楽しいですよ。                                                                                            

                                                       歯科医師 丸山 貴

« 病気にならないために | トップページ | ネイル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 病気にならないために | トップページ | ネイル »