« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月27日 (水)

今年の家庭菜園!

 こんにちは、歯科助手の楠です(^O^)
最近、昼夜の寒暖差が激しいですが体調など崩されたりしていませんか?

 さて、今年もだんだんと暖かい季節になってきましたので、昨年のブログでも紹介させて頂いた家庭菜園をまた始めました。

 今年は、昨年同様にミニトマトの苗と、初挑戦である茄子の苗を植えました。
昨年までプランターで育てていたのですが、今年は家の裏庭を綺麗にし、地植えにしてみましたよ!

↓ミニトマトの苗です。
Photo_20200527130401
↓茄子の苗です。
Photo_20200527130402 

 茄子は主に夏の時期(7月~8)が旬だと言われていますが、「秋茄子は嫁に食わすな」と言うことわざもあるように、秋の時期にも2回目の旬が来ると言われています。
また「秋茄子は嫁に食わすな」には、「嫁には美味しい茄子を食べさせるのはもったいない」と言う意味と、「秋茄子は体を冷やすから、大事な嫁に食べさせるな」と言う2つの意味があるそうですね!

 栄養面として、茄子の身には食物繊維が、皮にはポリフェノールの一種である「アントシアニン」と「ナスニン」と言う抗酸化物質が豊富に含まれており、食物繊維には胃腸を整えてくれる効果が、抗酸化物質には老化や免疫機能の低下などを抑制したりする効果があると言われています。

茄子の栄養を逃がさずに摂取する為には、皮ごと調理するのがいいですね!

 また茄子は大部分が水分でできているのでカロリーが低く、ダイエット食としてもおすすめだそうですよ♪♪
低カロリーで消化にいい点は、茄子が日本人から愛される理由の1つだと思います!
https://www.google.com/amp/s/mogwell.karadashift.jp/80037.amp

 またトマトや茄子が収穫出来ましたら
ブログで紹介させて頂きますのでお楽しみに(^-^)/

 最後に当院の地下水の流れる池や、小川で孵化したおたまじゃくしの写真を載せさせていただいて失礼したいと思います。

 下の2枚の写真は小川で孵化したおたまじゃくしの写真です。

Photo_20200527130501

Photo_20200527130502

2020年5月21日 (木)

四季風呂歴

  こんにちは。歯科衛生士の宮本です。

 

 今年ももう5ヶ月が過ぎようとしています。我が家にある日めくりカレンダーも順調に毎日めくられ、だいぶ薄くなってきています。

 

 その日めくりカレンダー、毎月の初めに四季風呂暦が書かれています。

 

 

 日本人はお風呂が大好きですよね。ゆっくり湯船につかり心身の疲れを癒す習慣は日本独特の入浴方法でもあります。

 

  お風呂が日本を代表する文化となった理由のひとつは日本が火山国で古代から全国各地に温泉が涌き出ていたことにあり、温泉に入浴する習慣は4世紀頃からあったようですが、 今のようなお風呂の歴史は奈良時代に始まったと言われているそうです。

 

 6世紀半ばに仏教が日本に伝来し、その教えに「入浴は七病を除き七福を得る」とあったため多くの寺院で施浴が行われたそうです。

 

  仏教隆盛に尽力した聖徳太子が四天王寺に敬田院、施薬院、寮病院、悲田院を設け身寄りのない高齢者や孤児、病人の救済にあたったと伝えられ、奈良時代に始まった施浴習慣は鎌倉時代に入っても盛んで、室町時代に幕府や寺院により引き継がれていったのだそうです。

 

 

  そんな中、平安時代に弘法大師空海が体の疲れや傷を癒す医療用の薬湯として設けたのが薬草風呂の始まり。江戸時代になると入浴習慣は庶民にも広まり、武家社会の間で行われていた端午の節句の菖蒲湯、冬至の柚子湯といった季節湯も一般的になったのだとか。

 

 

 日めくりカレンダーのおかげで、馴染みのある菖蒲湯や柚子湯だけではなくて、毎月の四季風呂を初めて知りました。 

 

 

 簡単に御紹介します。

 

 

 1月      蜜柑湯

 2月      梅湯

 3月      レモン湯

 4月      桜湯

 5月      菖蒲湯

 6月      無花果湯(イチジク)

 7月      牛乳風呂

 8月      桃湯

 9月      菊湯

 10月   紅葉湯

 11月   松葉湯

 12月   柚子湯

 

 

 5月の菖蒲湯の写真です

Furo

 

  四季風呂は季節の植物をお風呂に入れ、体を温めるアロマ効果があり、手軽にゆったりとくつろぎながら季節を肌で感じられる入浴法ですね!

 

 所長も言っておりましたが、文旦の皮の良い香りを両手で包むようにして芳香を楽しみながら入浴するのが心身共にリラックスして大好きだそうですよ。

 

  お家で過ごす時間が増えているので、是非皆さんも四季風呂を試してみてくださいね。いい気分転換になりますよ。

2020年5月15日 (金)

 こんにちは丸山です。

 今年の2月頃から新型コロナウィルスの報道が続いていて、緊急事態宣言が解除されつつありますが、                  気を緩め過ぎないようにしたいですね。

 人間の方はそんな状況ですが、季節はいつも通りに進んでいますね。                                      診療室の窓から雪を被った北信五岳方面の山が見えていましたが、いつの間にか山の雪が無くなり、                         診療所の庭の木々にも最近の温かさもあって、葉があっという間に茂ってきてそれらの山もほとんど見えなくなりました。 

 先日、実家の物置の 片付けをしていると鳥が出入りしていて、目の前を飛んでいくこともありました。                 片付けの手を休めて鳥を見ていると、どうやらつがいの燕のようです。巣作りの時期は3月末~6月末のようですから、             長野県北部だと5月初め頃になると思われ、巣作りのための物件探しをつがいでしているようです。

 燕の巣作りにとって優良物件の条件として…

  1 人が生活していて往来が多い                                                                                  

    2 引っかかりや出っ張りなどがある

   3 風通しが良く雨をしのげる

    4  適切な温度で適度な陽が当たる場所

だそうです。確かに物置は当てはまりそうですが、その扉は開けっ放しではありませんので、                         巣を作ることはできませんから巣作りの場所の契約には至りませんでした。

 この燕はどこから飛んでくるのでしょうか?

 夏に子育てが終った燕は、秋になると越冬のため東南アジアへ渡ります。暖かい東南アジアで越冬した燕は、               春になるとまた子育てのため日本にやってきます。何千キロも迷わず飛んで来るのですからすごいですね。

 下の2枚の写真は飛び回る燕が電源コードにとまったので、                                        

 スマートフォンのカメラで何とか撮影することができましたが、当然ながらこちらが望むようには撮れませんね。

Dsc_2072

Dsc_2072_20200515222601

 

この燕はのどが赤く尾羽が長い、人家に巣を作ることから

ツバメHouse(Barn)Swallow

と思われます。                                                           

 燕が巣を作る家は縁起がいい、燕は幸運を運んでくる等言い伝えがありますが、今回はお預けです。                   それでも巣作りの候補地になっただけでもラッキーなことかもしれませんね。

 もし、来年も巣の候補地になるようなら物置の外に巣を作って下さい。

お待ちしています。

                                                     歯科医師 丸山 貴

2020年5月 1日 (金)

皆様に安心して受診していただけるように

 こんにちは、受付の小林です。

 外出自粛要請の出ている今日この頃ですが、皆さんはおうちの中でどのようにして過ごされているのでしょうか?

 連休を今週末に控え、私は大掃除に衣替えに録り溜めしていたテレビ番組を見て‥‥と今からやりたいことを頭の中で計画しています。 そういえば、久しぶりに何か手作りしたいな とも考えたり‥‥。 外出できなくとも、工夫して充実した連休を過ごしたいと思います。

 

 診療時の感染対策については前回、北村さんに紹介していただきましたので、今回は受付・待合室バージョンをお送りします。

当院の受付では先週より、対面時の飛沫感染防止対策としてビニールシートを設置させていただきました。

Dsc_0013

 お会計や物品の受け渡し等が可能な高さで、カウンター一面にシートを吊るしております。 お顔が見えづらかったり、声が聞き取りにくくなってしまったり、ご迷惑をお掛け致しますがご理解ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 その他にも、お会計トレーを介してのお金のやり取りや、アルコール成分配合の除菌スプレーや次亜塩素酸水を使用して待合室のソファーをこまめに消毒し、あらゆる取っ手や手すりも消毒薬を使用して清拭するなど、対策をとっております。 診察待ちの際にも、患者様からのご希望がありましたら”ご自身の車での待機”も承っておりますので、お気軽にお声がけくださいませ。

 

 最後に、家に閉じこもってばかりだと気分まで憂鬱になりますので、私の自宅の前に咲いている遅咲きの桜の写真を皆様にお裾分けしたいと思います。

Dsc_0010_20200501193101

Dsc_0011

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »