« 皆様に安心して受診していただけるように | トップページ | 四季風呂歴 »

2020年5月15日 (金)

 こんにちは丸山です。

 今年の2月頃から新型コロナウィルスの報道が続いていて、緊急事態宣言が解除されつつありますが、                  気を緩め過ぎないようにしたいですね。

 人間の方はそんな状況ですが、季節はいつも通りに進んでいますね。                                      診療室の窓から雪を被った北信五岳方面の山が見えていましたが、いつの間にか山の雪が無くなり、                         診療所の庭の木々にも最近の温かさもあって、葉があっという間に茂ってきてそれらの山もほとんど見えなくなりました。 

 先日、実家の物置の 片付けをしていると鳥が出入りしていて、目の前を飛んでいくこともありました。                 片付けの手を休めて鳥を見ていると、どうやらつがいの燕のようです。巣作りの時期は3月末~6月末のようですから、             長野県北部だと5月初め頃になると思われ、巣作りのための物件探しをつがいでしているようです。

 燕の巣作りにとって優良物件の条件として…

  1 人が生活していて往来が多い                                                                                  

    2 引っかかりや出っ張りなどがある

   3 風通しが良く雨をしのげる

    4  適切な温度で適度な陽が当たる場所

だそうです。確かに物置は当てはまりそうですが、その扉は開けっ放しではありませんので、                         巣を作ることはできませんから巣作りの場所の契約には至りませんでした。

 この燕はどこから飛んでくるのでしょうか?

 夏に子育てが終った燕は、秋になると越冬のため東南アジアへ渡ります。暖かい東南アジアで越冬した燕は、               春になるとまた子育てのため日本にやってきます。何千キロも迷わず飛んで来るのですからすごいですね。

 下の2枚の写真は飛び回る燕が電源コードにとまったので、                                        

 スマートフォンのカメラで何とか撮影することができましたが、当然ながらこちらが望むようには撮れませんね。

Dsc_2072

Dsc_2072_20200515222601

 

この燕はのどが赤く尾羽が長い、人家に巣を作ることから

ツバメHouse(Barn)Swallow

と思われます。                                                           

 燕が巣を作る家は縁起がいい、燕は幸運を運んでくる等言い伝えがありますが、今回はお預けです。                   それでも巣作りの候補地になっただけでもラッキーなことかもしれませんね。

 もし、来年も巣の候補地になるようなら物置の外に巣を作って下さい。

お待ちしています。

                                                     歯科医師 丸山 貴

« 皆様に安心して受診していただけるように | トップページ | 四季風呂歴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皆様に安心して受診していただけるように | トップページ | 四季風呂歴 »