« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月27日 (土)

梅雨間の晴れの楽しみ方

 こんにちは、受付の小林です。

 本格的な梅雨が始まり、ジメジメとした鬱陶しい季節になりましたね。

当院の庭では栗の花の開花時期となり、毎日、毎年恒例の花拾いに追われています。

 

 私は先日、中野市の北部にある母方実家の畑でさくらんぼ狩りをしてきました。

 コロナウイルスの関係であまり人の集まるところに出かけるのは気が引けますが、畑であれば他人と密集することもなく、青空の下で太陽と清々しい風を浴びながら黙々とさくらんぼ狩りに没頭する、そんな半日を過ごしました。

 坂道の途中にある土地なので、後ろを振り向けば高社山が、前を向くと中野市と飯山市の境目、そして北陸新幹線が走る高架も見下ろせます。

Photo_20200627114102

Photo_20200627114101 Photo_20200627114104

一方我が家のさくらんぼはというと、ハウス栽培や消毒・授粉などをして出荷用に手をかけて育てているものではないので、毎年鳥と雨との戦いになります。(申し訳ありません、今年のさくらんぼの写真を撮り損ねるという失態を犯しました…。) 赤くなるまで待っていると美味しいものから鳥につつかれ、雨が降るとさくらんぼの実の表面がぱっくりと割れて(裂果と呼ぶそうです)しまうのです。 じつは、さくらんぼの表面には目に見えない小さな穴がたくさんあり、そこから水分を吸収して実が膨れ、裂果してしまうそうです。 ハウス栽培が多いのはこれらの理由からなのですね!

 

畑までの道中には、昨年の4月にブログで紹介した桜の名所の「谷厳寺」があるのですが、今の時期は紫陽花が見頃です。

 境内にはもちろん、お寺まで行く道すがらにも数種類の沢山の紫陽花が植わっています。

Photo_20200627114103 2_20200627114101

 その中でもいち早く色づいていた紫陽花を数ヶ所見つけましたので、写真でお裾分けいたします。

 こちらは先週末の写真ですが、残念ながらまだ満開まではいかず、ぽつぽつと色づき始めたところでした。 今週から来週あたりが見頃になるのではないでしょうか…! 私もまた改めて散策に行こうと思います。

 当院の庭では、前回のブログで北村さんが紹介しました、小柄で清楚な花をつける「幻のあじさい」と呼ばれていた七段花が見頃を迎えておりますので、どうぞお出掛けくださいませ。

2020年6月17日 (水)

チェリーキッスに思いを馳せて

 こんにちは、最近ようやくテイクアウトデビューを果たした歯科衛生士の北村です(^ ^)

 今コロナの影響でいろんなお店がテイクアウトをはじめられていますね。

 

 町内でも出前・テイクアウト情報が小布施町ホームページに特設サイトを載せて下さっていました!引用させていただきますので、宜しければご活用ください!

 新型コロナウイルス対策の一環で出前やテイクアウトをはじめた町内飲食店などについて、地域おこし協力隊の日髙健さんが中心となりまとめた「おぶせ、ごはん。」が公開されています。

 

 

≪「おぶせ、ごはん。」特設サイト≫

 

https://obuse-gohan.com/

 

 

 

 コロナの影響といえば、毎年この時期に楽しみにしているチェリーキッスフェアですが、今年はそちらも中止だそうです( ; ;

  そもそも、「チェリーキッス」って?と言う方に、少しご紹介させていただきます。

 

 酸果桜桃「チェリーキッス」は、信州小布施で誕生しました。 生食用のさくらんぼ(甘果桜桃)に比べ酸味があるのが特徴で、ポリフェノール成分は佐藤錦などの約5倍もあるんだそうです!高血圧予防、疲労回復、便秘解消に効果的です。

  酸味が強く、ソース等に合う酸果桜桃(サワーチェリー)は、生食でなく調理用として用いられます。調理するとコクが出て加工のための素材として優れています。

 

 そして、チェリーキッスフェアとは、小布施町の農産物ブランドの一つ「チェリーキッス」を、多くの方にお楽しみいただきたいと始まったイベントで、小布施町および小布施町振興公社、生産農家が集う「チェリーキッスの会」が主催してくださっています。  

 6月下旬頃に小布施町にある各種レストランやスイーツ店、和菓子屋さん、お蕎麦屋さん、バーなど様々なショップがチェリーキッスを素材に趣向を凝らしたメニューや商品を提供して楽しませてくださっていました。

 

 食いしん坊の私は、毎年参加されているお店や商品が紹介されたパンフレットを見ながら、このスイーツも美味しそう♡ このジェラートも食べてみたいな♡ など、妄想を繰り広げながらスタッフとよく話していました(^ ^)

  期間限定の希少なメニューや商品に私は弱いので、ついついこのフェアが気になってしまうのですが、イベント中止と聞き、とても残念です。

 

 ですが、ですが! ある情報番組で、フローラルガーデン横の農産物直売所に併設されている『ろくさんジェラート』では、チェリーキッスと小布施牛乳を使ったジェラートが売られていると紹介されていました♪

 そして産地直売所では、なんと!

 チェリーキッスのおやきまで売られているとのこと!!!

  チェリーキッスとおやき?! と、正直ビックリしましたが、それを聞いて私はなぜかふと留学していたカナダを思い出しました。

 

 実はカナダでは感謝祭にターキーを食べるのですが、ターキーは丸焼きでテーブルにドン!乗せられます。そして、お肉をグレービーソースかクランベリーソースでいただくのが一般的です。

  グレービーソースは、肉汁を使ったソースで、これは見た目の色から味の想像もつきやすく、特に抵抗なく美味しく食べられるのですが。。。

 私がびっくりしたのは、クランベリーソースです。だって、見た目は、ジャムなんです!

  お肉にジャムをつけて食べる文化は、私の知る限り日本にはありません。少し驚きながらも恐る恐る食べてみると。

 

 これがとっても合うのです!甘みと酸味があるクランベリーソースとお肉。美味しいのです!!

 

 と、少し話しはそれてしまいましたが、きっとチェリーキッスとおやきも甘い餡と酸味のあるチェリーキッスがマッチして美味しいはずです!

  カナダの思い出を胸に、是非未知の味に巡り合いに行ってみたいと思います!

 

  

 ありがたいことに小布施町自治体のご尽力により、特別定額給付金が無事手元に届きました。 これから給付金の使い方を考えながら、少しでも地元の経済に貢献できたらと思っています。

 ちなみに、小布施町内在住者の方にはなってしまいますが、小布施町プレミアム商品券が販売され購入できるそうです!

 10,000円で13,000円のお買い物ができるので、お得でもありますし地域の応援ができるなら私も購入しようかなと思っています。

 

 詳しくはこちらをご覧ください。

Photo_20200617210003

 

 

  いよいよ、梅雨入りとなり、ジメジメしてまいりましたが、植物たちにとっては恵みの雨ですね。

  お庭の小川に暮らしているカエルの赤ちゃんも心なしか喜んでいるようにも見えます。

 楠さんのブログ(6月6日)から続いているオタマジャクシの成長記録ですが、なんと!前足も生えそろい、小さな体でピョコピョコ飛んで元気な姿を見せてくれています。

 

Before  

Photo_20200617210001

 

After

Photo_20200617210002

 

 

 さて、所長から送られてきたLINEを引用させていただきますが、当院のお庭では今、女性がよくお世話になる当帰芍薬散成分のセリ科の当帰の花が満開です。

  昨年、庭に植えたもので、苗で植えたものはまだ15センチほどです。

  所長の北海道の弟さんの広大な農場では、一軒で古くから栽培されている奈良県の全当帰生産量以上を生産しているそうですよ!

 

Photo_20200617210005

Photo_20200617210004

 

 

 他にも今当院の庭で見頃のお花をご紹介させていただきます。

 

梅花空木(バイカウツギ)

Photo_20200617210201

 

ドクダミ

Photo_20200617210008

 

更紗空木(サラサウツギ)

 1111111

 

 

七段花:シチダンカ(アジサイ科)

 

 この珍しい七段花はシーボルトがオランダに帰国してから書いた「日本植物誌」で紹介された後、日本では誰も見なくなり、「幻のアジサイ」と呼ばれていましたが、130年後の1959年(昭和34年)に神戸の六甲山で発見され、一躍話題になったそうですよ! 

 所長が奈良市郊外にある剣豪の里、柳生にて苗を購入し、育てたものです。普通のアジサイに比べて花も小型で控えめで、清楚にたたずんでるように感じます。お庭の玄関へ続く通路脇に見頃をむかえておりますので、宜しければ御来院の際にご覧ください。

 

 上から花を眺めていると、なんだか花火を打ち上げた瞬間のようにも見えます♪

 早くコロナが収束し、安心して花火も見られるようになるといいですね。。

 

Photo_20200617210802

 

Photo_20200617210801

 

 

 

 

 

 

2020年6月12日 (金)

自己紹介

 先月より、信州口腔外科インプラントセンターにお世話になる事になりました、歯科衛生士の木原と申します。

 

 一般歯科と口腔外科の違いに、日々困惑していますが、精一杯がんばりますのでどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

 

 内緒の話しですが…

 実は、口腔外科に来てから見るもの👀聞く👂言葉全てが初めてなんです! 正直、異国に居るみたいなんです✈

 使う器具、そして処置に至るまで一般歯科ではあまり、または絶対に目にしない器具も多く、戸惑いもありますが先生はじめスタッフの皆さんの指導のもと、日々勉強させて頂いています。

 

 そんな私の今の癒しは、診療所の広いお庭に飛んでくる鳥さん達。今は、スズメや東南アジアからの渡り鳥のコムクドリが来ています。

 鳥さん達を見ると緊張が溶けて少しホッと気が和らぎます。

 この鳥さん達のように、患者様の癒し的存在になれるよう、がんばってまいります。

 

1_20200612122101

 3000~4000kmもの長い距離を飛んで来たコムクドリ。

 遠路はるばるお疲れ様でした。

 

2_20200612122101

 沢山のスズメも毎日通って来てくれ、皆勤賞を差し上げたいですね。

 

Photo_20200612122101

 楠さんのブログ(5月27日)から続いている、おたまじゃくしの成長記録です!

 少し後足が生えました!

 

2020年6月 6日 (土)

久々のお出かけ

 こんにちは。受付の島田です。



 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ第二波が心配されますね。



 先日、LINEニュースで新型コロナウイルス感染症の収束を願い、全国各地で一斉に花火を打ち上げたという記事を拝見しました。

 打ち上げ場所、日時は密集を避けるため非公開となっていましたが、61()20時に各地で打ち上げられた花火が観れたようですね。


 かつて花火は疫病を払う目的で打ち上げられていた事にちなみ、日本の優れた技術を継承している全国の花火業者163社が協力して下さり、『悪疫退散祈願 ”cheer up!“(人を励ます、元気づけるの意味)』として計画されたそうです。      

 

 


 感染防止を第一に1日でも早くいつもの日常に戻る事を祈るばかりです。






Image_20200606164901

 センターのツツジが咲き終わり、たくさんの樹々が青々と茂り始めたので、高原のツツジは見頃かな?と思い、外出自粛が緩和され、天気が良かったこの週末に車山高原へツツジを見に出かけました。

 行く途中の道路脇にはたくさんのレンゲツツジが見頃を迎えていました。

 しかし、高原では私の何年も前の記憶に残っている、山一面ツツジの花という景色は残念ながら見れませんでした(T ^ T)  

 ほとんどが蕾の状態でした⤵️


Image_20200606165001

 車山高原スキー場の近くにはドウダンツツジとコナシが咲いていましたよ(^ ^)


Image_20200606165201 Image_20200606165202

 新緑が深まるこの季節のドライブはとても心地よく最高でした╰(*´`*)

3密を避けて外出できるのでおすすめです。



 皆さんもドライブに出かけてみてはいかがでしょうか⁇




 最後に先週、歯科助手の楠さんが当院ブログに載せていましたおたまじゃくしの1週間後の写真です。


Image_20200606165301 Image_20200606165401

 水面に浮かぶ、純白のカシワバアジサイも風情があります。

 しかし、おたまじゃくしには変化はありませんね。



 当院にお越しの際は是非、池の中と小川にいるおたまじゃくしの成長もご覧ください。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »