« 梅雨間の晴れの楽しみ方 | トップページ | 寄り道 »

2020年7月 4日 (土)

部分日食

 こんにちは丸山です。

 梅雨に入り、じめじめしていますので、エアコンの稼働時間が増えてきました。                                                                          

 何となくなんですが、雨の日は紙の手触りが湿っぽい気がします。

 先日の621日(日)夏至の日の夕方に部分日食がありましたね。                                                   日曜日と夕方という良い条件が重なったので、ご覧になることができた方も沢山いらっしゃると思いますが、私も見てみました。

 日食とは、太陽、月、地球がほぼ一直線上に並んだ状態で、地球から見て月が太陽の前を通り、太陽の一部または全部を隠してしまう現象ですね。ここまでは何となく分かっていましたが、詳しいことは分かりませんので、調べてみました。

 

1.皆既日食

 太陽と月の中心がほぼ重なり、太陽がすべて隠される日食です。

 皆既中の数分間は空が夜のように暗くなり、肉眼でも太陽の外気層である「コロナ」が輝いて見えるそうです。

 皆既日食が起こるのは「皆既帯」と呼ばれる領域の範囲内だけで、皆既帯の南北の中心に近いほど、また東西の中央付近ほど、       皆既食の継続時間が長くなります。また、皆既帯の外の広い範囲で部分日食が起こります。

Kaiki-1

 ところで、この“皆既”と言う言葉、全て尽きるというような意味だそうで、「太陽が全て見えなくなる」ことからこの“皆既”が付けられたようです。子供のころはまさに“怪奇”だと思って勘違いしていた幼かった私は、何か良くないことが起こると思っていました。           

日食の原因が分からない時代には、多くの人々が日食を怪奇現象ととらえて、不吉とか悪魔的なこととされていたのでしょうね。

 

.金環日食

 太陽と月の中心がほぼ重なるという点で皆既日食と似ていますが、月が地球から遠い場合には月の見かけの大きさが小さいので、太陽をすべて隠すことができません。そのため、太陽と月がちょうど重なっているときにも太陽の外縁部分がリング状に見えます。金環日食では空は暗くはなりますが、真っ暗にはなりません。

Kinkan

 2012年521日に金環日食を見たことがある方もいらっしゃるかと思いま す。私も見ました、少し薄暗く涼しい感じがありましたね。あの時は太陽の面積のおよそ88%が覆い隠されたそうです。

 

3.部分日食

 月が太陽の一部だけを隠す日食で、今回見られたものです。

Bubun

 下の写真は正しい方法で撮影した訳ではありませんが…                                            室内から窓越しに黒いプラスチック板を通して、スマートフォンで撮影してみました。                                     長野県北部ですとこの位が欠けのピークのようでした。しかし、この日の波照間島では、最大で92%欠けたそうです。

  Dsc_2111_20200705213801

 

 北村所長はアジア各国に友人が多く、その中の一人の台湾からとても美しい皆既日食の動画が送られて来ていましたので、          その動画を借用して、ここで皆様に見ていただこうと思います。

 

Photo_20200704105001
 
 それでは、台湾南部の北回帰線が市内を通る嘉義市付近で撮影された皆既月食(金環食)ショーの始まりです。
楽しんで下さいませ!

 

 それにしても、太陽と月と地球の位置関係で、このような事が起こるのというのは、 

私達が生活している小さな時空を遥かに超越して、とてもスケールが大きな話ですね。

                                                  歯科医師 丸山 貴

« 梅雨間の晴れの楽しみ方 | トップページ | 寄り道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨間の晴れの楽しみ方 | トップページ | 寄り道 »