« 思い出を旅する ~フィリピン篇~ | トップページ | 猪突猛進 »

2020年8月24日 (月)

オリジナルエコバッグ

 こんにちは、受付の小林です。

 お盆が過ぎ、日中は酷暑が続きますが朝夕は大分過しやすくなった気がしています。 しかし、まだまだ気が抜けない暑さが続きそうですので、熱中症には気をつけたいですね。

 

 さて、7月1日よりレジ袋有料化が始まり、エコバッグやマイバスケットを持ち歩く方が多くなったことと思います。 私も食品用・日用品用・衣料品用……などと用途に分けて使いたいと思い、大きさや材質の違うものを集めていたら、気が付けば車の中に沢山のエコバックが散乱している状態となってしまいました。 しかし、小物を買ったときに使いたい小さめのバッグとコンビニなどでお弁当を買ったとき用のマチが深いものが欲しくなり、100円ショップなど回りましたが、なかなか自分の理想の形をしたバッグが売っていないのです。

 そこで、「売っていないなら自分で作ってしまえばいいのでは…!」とひらめき、お盆休み中の空き時間を使い、久しぶりにお裁縫を始めました。 ということで、今回はハンドメイドシリーズです。(笑)

 

 早速ハギレを購入し、何年かぶりに埃のかぶったミシンを引っ張り出してきましたが、長い間つれなく放置してあったにもかかわらず、忠犬ハチ公のように忠実に作業をこなしてくれました。(笑)

Dsc_0038

今回は大きいバッグを作る予定ではなかったので、負荷があまりかかる予定のない取っ手にはハギレの端を切って、それを使いました。 取っ手にこだわりたい方には、手芸店や100円ショップにはかばん製作用の取っ手が販売されていますのでそちらを使用されることもオススメです。

Dsc_0042

 かばんの口の部分は、ハギレのほつれがひどかったため、幅広の裾上げテープで挟んで補強し、一番こだわりたかったマチは可能な限り広めに作りました。 これで安心してお弁当が買えそうです!

 ハンドメイドの良いところは、既製品にはない自分好みのオリジナリティーを出せること、ここはこうしたい!などの自分のわがままを反映できることだと私は思っています。 ただ今回のエコバッグ作りで1点後悔しているのは、探していた防水(撥水)の布が手に入らなかったことです。 今回使用した生地だと、汁気のあるお弁当の液漏れや冷蔵・冷凍で売られている食品の結露が少し心配ですね。 そこはこまめに洗って清潔の維持に努めようと思います。

 

 今後はエコバッグが必需品になると思われますが、最近では「エコバッグ万引き」が急増しているそうです。

 口が開いた状態でエコバックを持っていることで万引きと間違われないようにする対策として、

①エコバッグは小さくたたんで鞄の中へ

②たためないものは店員さんにお願いしてレジ等で預かってもらう(実際に、積極的に実施している店舗もあるそうです)

③レシートはその場で捨てずに持ち帰る(お店を出るまでは商品と一緒に持っている方がすぐ対応できますね)

④袋に入れない商品は購入済みが分かるシールを張ってもらう

などが考えられます。

 万引きをすることはもってのほかですが、エコバッグを持っていることで疑われる可能性があることは知っておいた方が良いですよね。 しっかり対策をして、環境保護の一環としてエコバッグ持参を心がけましょう!

« 思い出を旅する ~フィリピン篇~ | トップページ | 猪突猛進 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出を旅する ~フィリピン篇~ | トップページ | 猪突猛進 »