« 「これきりと見えてどつさり春の霜」  一茶 | トップページ | はじめまして »

2021年2月19日 (金)

メジロの視力表?

所長  北村 豊

 庭の栗の枝につき刺したリンゴや、吊るしたリンゴ、そしてヒエやアワの餌には、毎日沢山の鳥がやって来てくれる。 三密を避けるようにいわれる昨今だが、鳥の世界は自由で、一密(リンゴ)?を求めてやってきて、ソーシャルディスタンスゼロになることも多い。

 リンゴだけは、食料の少ない晩秋から春先までの唯一の季節限定の野鳥用レストランのメニューだが、それをついばむ愛らしい中にも凛とした野鳥の姿は、診療所に来院される患者さんや、私達スタッフの目を楽しませ、さらにそれを観察する者の心を豊かにしてくれる、と感じているのは私だけだろうか……。

 日本では冬鳥で、今年は1月中旬頃より毎日来て同じ枝に刺したリンゴの指定席が大のお気に入りで常連客だった“ツグミ”も、ヒヨドリの出現と共にパッタリと来なくなったのはとても淋しい。 もちろんのこと、幼稚園児のように名札がぶら下がっていなかったので定かではないが、同一個体が毎日一羽だけで飛来していた可能性が高いと推測している。

 例年だと早くから当院の庭にも来るヒヨドリが、今年はリンゴをついばみになかなか来なくて、他の鳥も追い払われずに安心して食事している風景を内心では喜んでいたのだが2月初旬からついに来るようになってしまった。

 ほかの小鳥たちは、ヒヨドリには一目も二目も置く鳥で、その餌場を独占しようと他の野鳥たちを追い払おうとする性格を除けば、姿はなかなかスマートで美しいとは私も認めているのだが‥‥‥。

 先週の土曜日に、診療所の裏のお茶の木の垣根の近くで元気のないメジロを保護した。 外敵に襲われた形跡もなく、放鳥すると近所に多いネコに食べられることも懸念して、野鳥を飼ってはいけないことを知りつつ、週末でもあったので仕方なく保護することとし、わたくしの家で二泊三日、三食付きで療養して回復した。 手の中に抱いてこのメジロをごく間近にわくわくしながら観察するのは初めての経験だったが、容姿端麗で才色兼備な美しい鳥だとつくづく思った。

 この鳥の名前の由来ともされる眼球の周囲の“白いアイリング”は、眼を中心に外に伸びる花弁のような、人によっては刺繍のような繊細な純白の羽毛で縁どりされているのに気付く。

 しかし、このアイリングがくちばしに近い前方部で一部切れていることをご存知だろうか? そのアイリングの形状は、皆さんにも眼科などで馴染みの、“大小の円形の一部が途切れた視力表”の「ランドルト環」をイメージさせる形状をしている。

 日本で観察できる野鳥の中でもかなり小形の種類に入るメジロのアイリングの前方部が途切れていることに気づくことは、裸眼もしくは矯正視力をもった“日本人”でも野鳥観察のための双眼鏡や望遠鏡使わなければほとんど不可能と思われる。 

しかし、アフリカのタンザニアに暮らすバッサ族には視力11.0という驚異の記録を持つ人もいるそうである。 その視力とは55m先から1.45mmのランドルト環の狭い切れ目の方向が確認できるという、驚異的な視力であるのだ!

 保護した時に撮影したメジロの写真から推定すると、その切れ目は実物で1mm位とさらに狭く、タンザニアの視力11.0の人ならば、30m位離れたところからでも、この小さな野鳥のメジロの“アイリング”の前方が切れていることを容易に確認できるのではないだろうか‥‥と思っている。

 しかし、タンザニアの都市部で生活する人では、視力は1.0前後となるそうで、いわゆる“都市化や文化的生活で失くしていくもの”には視力の低下のみならず、“数多くの有形無形の大切なものを失っていく環境”にほとんどの日本人が置かれていることにも気付いておくことは肝要であると考えられる。

 

Photo_20210219194401

保護した当日のメジロで、弱っていてあまり飛べなかった。

 

Img_2883

グラデーションのかかった美しいウグイス色の羽毛と、前方が切れたアイリングの純白の羽毛のコントラストがとても美しい。

 

23da5310

メジロのアイリングは、視力表のランドルト環によく似ている。

 

Photo_20210219194201

アイリング切れこみは約1mm位で、白い羽毛は眼球側から外側に向かって配列しているのが判る。

 

診療所で放生会
2泊3日の我が家での療養で、元気になったメジロを診療所で放鳥したところ、元気よく飛び去って行った。

 

« 「これきりと見えてどつさり春の霜」  一茶 | トップページ | はじめまして »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「これきりと見えてどつさり春の霜」  一茶 | トップページ | はじめまして »